孤独なサクセスストーリー/ギジェルモ・リゴンドーVol.3

シェアしてくださるとうれしい
RSS
Twitter
Visit Us
Follow Me

そして最終章。ギジェルモ・リゴンドー来月39歳の旅はまだ続く。まだ終われない。やり残した仕事があるのだ。彼の長い航海を巡る灰色の海の向こうに岸は見えない。

ホエル・カサマヨールが1992年のバルセロナオリンピックで金メダルを獲得した時、彼は20000ドルの小切手を受け取った。

キューバに帰国すると政府はカサマヨールの小切手にサインを求めた。

ボクサーの取り分:300ドル

さらに、カサマヨールはかつてのテオフィロ・ステベンソンや未来のリゴンドーがそうであったように、金メダルを獲得した事で国から自動車が与えられると期待していたが、代わりに支給されたのは中国製の赤い自転車だった。

「カサマヨールはミルトン・フリードマン」が誰なのか知らない。

マイアミのマネージャー、プロモーターであるエンリケ・エンシノーザは「資本主義と自由」の著者であり経済学者に言及しながらこう言った。

エンシノーザはボクシング界はお金が全てを支配していることをよく知っている。ボクサーとお金が混ざると危険なカクテルになることも。

キューバのボクサーが自分自身を商品として売り込むのは当然の経済原理であり、それがキューバ革命から脱出し、自らの夢を実現する唯一の方法だと考えている。そして、そんなアスリートの才能に便乗し金儲けを考える者がいても、それはリスキーな投資と変わらない。

エンシノーザ
「野球チームやサッカーチームを買う金はなくてもボクサー個人を買う金はあるのです。」

キューバのボクサーを買うというのはどういう事なのだろうか。

エンシノーザ
「キューバのボクサーに30万ドル渡すと、彼は突然結婚し、妻は夫に殴り合いではなくタクシーの運転手になって欲しいと願う。投資家はただ、ボクサーが自分にもマネージャーにもプロモーターにも十分な稼ぎをもたらすべく出世し、ビッグマッチをして欲しいと願う。」

この経済原理は二重契約や犯罪組織との繋がり、約束の反故、内紛や裏切りなど、多くの問題を孕んでいるが、ボクサーを財政的にコントロールするマネージャーはモラルとマキャベリズム(目的のためには手段を選ばない)で揺れ動きながらも少なくともボクサー自身よりは利己的、私利的ではない。(ボクサーの利益をきちんと考えている)

エンシノーザはキューバのボクサーに大金を渡すことは人間を土星に連れて行くようなものだと言う。

エンシノーザ
「彼らはお金の使い方を知らない。ユリオルキス・ガンボアは契約金でベントレーを買った。ジムに行くとガンボアはいつも首に大きな金塊のネックレスをぶら下げている。重すぎて彼は首のヘルニアになるだろう。」

資本主義が革命の妨げになると考えられてるキューバのような共産主義の国でさえ、お金は王様だ。それを認めたくないキューバのボクサーも同様だ。

バトラー
「ステベンソンもフェリックス・サボンもインタビューではキューバ革命を、カストロを賞賛しつつも、ひとたびカメラを止めれば、いかにお金に無関心かを語ることで心の奥ではお金を欲している。それが人間の本質だ。

アメリカ人のアスリートは時に何百万ドルの契約を結んだりします。金額は重要でなくある種のゲーム感覚だと言ったりするが、キューバ人にとっては人生がかかっています。需要がなければもう用なしです。」

ボクサーがキューバに留まるにせよ去るにせよ、革命から逃れようがカストロの忠犬になろうが、お金には大きな意味があるのだ。

お金とはオリンピックの金メダルに対する褒美としてリゴンドーに与えられたバナナイエローの三菱であり、お金とは革命から遠く離れた90マイルの水域で手に入れた片道切符である。(メキシコカンクンの密輸業者)

キューバを離れることが自分にとって価値があるのかどうかを最終的に決定するのもお金だ。

男の自由はいくらですか?
彼が愛する人々はいくらですか?
人生の目標を達成するチャンスを買うために、あなたは何を売りますか?

2010年11月13日、リゴンドーはダニーカウボーイスタジアムの42000人の前で試合をした。マニー・パッキャオがアントニオ・マルガリートを破壊した試合の前座だった。アマチュア時代の頂点でさえ、テキサスのその夜と比較することはできない。

試合が終わり、駐車場でリゴンドーに遭遇したバトラーはホテルまで車で送ろうと声をかけた。小さな体でベルトを抱えているリゴンドーは孤独で悲壮感すら漂っていた。

バトラー
「なんか独りぼっちにみえるじゃないか、仲間に感謝したり一緒に祝う気持ちはないのかい?」

バトラーが言い終わるのを待たずにリゴンドーは言葉を返した。

リゴンドー
「だって俺は独りぼっちじゃないのかい?」

返す言葉がなかった。

彼の友人はどこにいますか?
彼の妻はどこにいますか?
彼の息子はどこにいますか?

夢を実現するために犠牲にしなければならなかった彼の近しい人々はどこにいますか?

リゴンドーの母親は彼がアメリカにいる間に亡くなった。
父親は革命に反した息子を非難した。
息子は病気がちだ。

1100マイル離れた、ハバナ郊外にあるホセマルティ国際空港の近く、紺碧の空の下に小さな緑の2階建がある。そこに暮らす母親と2人の少年がリゴンドーの妻のファラオ・コリーナと2人の息子だ。政府の施設に隣接するこの家には24時間、2台の監視カメラがセットされている。

飛行機が人々の自由をのせてキューバを飛び立つ。
かつてカストロが誇った王冠の宝石はこの地を去ったが、妻の人生は続く。
コリーナと2人の息子はここで暮らしながら父の帰りを待っている。
いつの日かまた、リゴと一緒に暮らす日を夢見て。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ にほんブログ村 格闘技ブログへ

シェアしてくださるとうれしい
RSS
Twitter
Visit Us
Follow Me
{{ reviewsOverall }} / 5 ユーザー (1 投票)
Rating
みんなの意見 あなたの評価を残してください
順序:

最初にレビューを残してください。

User AvatarUser Avatar
確認
/ 5
{{{review.rating_comment | nl2br}}}

このレビューにはまだ返信がありません。

Avatar
もっと表示する
もっと表示する
{{ pageNumber+1 }}
あなたの評価を残してください

お使いのブラウザは画像のアップロードをサポートしていません。現代のものを選んでください

13 COMMENTS

アバターナスクラの風

彼らはある種の自由を得たのかもしれないけれど、同時に好きなボクシングをし続けて人々に心から敬愛尊敬され、人々と同じか少し良い生きていくのに何不自由ない暮らしが保障され、それ以上を求めないという純潔を失ったんだと思います。 それこそがスポーツのあるべき姿だと思う。 キューバは本当に何もない国だったけど、治安は極めて良く人は優しく正直で働き者で素敵な国でしたよ。

返信する
アバター匿名

豊かな資本主義で生まれ育った人が、途上国の人がより豊かになりたいという願望を否定してアマチュアリズムを押し付けるのは醜い行為ではないですか?

返信する
アバターマイティ

金メダルの恩賞が薄過ぎて震える、アマチュアとはそういうものなのでしょうけど。

大金稼ぐ目的もさることながら、自分より弱い連中が世界最強とかイキってたら、国を捨ててでもぶっ飛ばしに行きたくなるような気持ちがボクサーならば有るのかも。

返信する
アバター匿名

共産主義国家の現実。人間はコマとしか扱われない。
それがイヤで抜け出したんでしょうけど、今度は資本主義国家で人間ではなく「カネ」として扱われる。
彼の幸せはどこにあったんでしょうね。

返信する
アバター匿名

映画のようなダイナミズムある記事でした。
が、カサマヨールやガンボア、笑える・・・

返信する
アバター富士山

ロベイシラミレスは、2つの金メダルを約3万ドルで売り現金にしたそうです。

彼は、与えられた車を壊してしまい、代わりの車が与えられると言われていたのに、なかなか実現せず、失望し、亡命を決意したそうです。

返信する
アバター富士山

キューバではボクサーを国家が育成します。
Ramírez says. Even now he calls himself “just a product of the system.”

返信する
アバター

キューバの育成システムがリゴンドーを生み出し
政治がリゴンドーの夢を奪ったんだね
良くも悪くもキューバだな~

プロで稼いだ5分の1は選手に、残りは国家や国民の為に、
プロで戦えて10分の1でも手元に残れば、キューバからの亡命は防げそうだと思うんだけどね。

返信する
アバター拳豪

このようなボクサーの人生や試合に挑む背景知りたかったので感謝致します。特に、あのどこか影のあるリゴンドー選手のバックボーンは気になってました。有難うございます!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)