風のHipster(ヒップスター)/畑山隆則

シェアしてくださるとうれしい
RSS
Twitter
Visit Us
Follow Me

やんちゃで熱く、期待を裏切らない、人々がアスリートに求める要素を全て持つ彼は、全力で時代を駆け抜けた。



畑山隆則(24勝2敗3分19KO)アジア以外のボクシングファンは畑山のことはあまり知らないかもしれない。

中学時代は野球部に所属、エースで4番として活躍し、将来はプロ野球選手になることを熱望していた。 スポーツ推薦で青森山田高校に入学したが、先輩部員と対立し1ヶ月で退部。かねてより、同郷の元WBA世界フライ級王者レパード玉熊(国際)の世界戦を見ていたこともありプロボクサーも志望する。

そして辰吉丈一郎(大阪帝拳)がWBC世界バンタム級王座を獲得した試合をテレビ観戦したのを機にプロボクサーになることを決意。高校を中退(引退後に再入学し卒業した。)し単身で上京し、初めにヨネクラジムへ入門するが、大人数の選手や練習生を抱える環境に馴染めず、程なくして京浜川崎ボクシングジムに移籍。同ジムにて韓国出身の柳和龍トレーナーと出会い、以後良きパートナーとして二人三脚でプロボクサー人生を送っていくこととなる。

1993年6月、17歳でプロとしてデビュー、アマチュアキャリアはゼロだった。

1994年2月13日、大阪府立体育会館にて小谷繁(グリーンツダ)と対戦し、3回KO勝ちを収めて全日本スーパーフェザー級新人王となり、試合後にはMVPを獲得。以後、8戦8勝(8KO)

1997年10月5日、両国国技館にて世界初挑戦としてWBA世界スーパーフェザー級王者崔龍洙(韓国)に挑戦するも、1-1(116-114、114-116、114-114)のドローで王座の獲得に失敗。

1998年3月29日、両国国技館にて再起戦として18戦無敗の日本スーパーフェザー級王者コウジ有沢(草加有沢)に挑戦し、9回TKO勝ちを収めて王座の獲得に成功。お互いに無敗同士となったこの試合は「史上最大の日本タイトルマッチ」と称され、全国ネット生中継でフジテレビの昼間に放送された。その後、世界再挑戦準備に専念するため、日本王座は防衛することなく返上した。この試合は日本タイトルマッチとしては9年ぶりの年間最高試合に選ばれた。

https://www.youtube.com/watch?v=g8vFO9nHsgY

1998年9月5日、両国国技館にて2度目の世界挑戦として前回引き分けた崔龍洙に再び挑戦し、2-0(2者が116-113、114-114)の判定勝ちを収めて2度目の挑戦で無敗のまま世界王座の獲得に成功。

1999年2月13日、有明コロシアムにてサウル・デュラン(メキシコ)を迎えて初防衛戦。2回にダウンを奪われるも、挑戦者が2度の減点を取られたこともあり、1-1(114-111、113-116、113-113)のドローで規定により初防衛に成功。

1999年6月27日、有明コロシアムにて同級1位の指名挑戦者ラクバ・シン(モンゴル)を迎えて2度目の防衛戦を行うも、5回TKO負けを喫し王座から陥落するとともにプロ初黒星を喫した。試合後の同年7月に現役引退を表明した。

2000年、引退を撤回しメキシコ系アメリカ人でもあるルディ・エルナンデスを新トレーナーに迎え入れ、プロボクサーとして復帰することを発表。

2000年6月11日、階級をライト級に上げて復帰初戦で世界挑戦することが発表され、有明コロシアムにてWBA世界ライト級王者ヒルベルト・セラノ(ベネズエラ)に挑戦。約1年のブランクを感じさせない動きで王者を翻弄し、合計5度のダウンを奪った末の8回KO勝ちを収めて王座の獲得に成功し、2階級制覇を達成した。

試合後のリング上で「次(初防衛戦)は坂本選手とやります」と宣言した。

2000年10月11日、横浜アリーナにて元OPBF東洋太平洋ライト級王者坂本博之(角海老宝石)を迎えて初防衛戦を行い、10回TKO勝ちを収めて初防衛に成功。

https://www.youtube.com/watch?v=SafSnE84Ozg

2001年2月17日、両国国技館にて全階級を通じての日本王座最多防衛回数となる22度の防衛を果たした元日本ライト級王者リック吉村(石川)を迎えて2度目の防衛戦を行い、挑戦者が減点を取られたこともあり、1-1(116-111、112-115、114-114)のドローで規定により2度目の防衛に成功。

2001年7月1日、さいたまスーパーアリーナにて同級1位の指名挑戦者で元WBA世界ライト級王者ジュリアン・ロルシー(フランス)を迎えて3度目の防衛戦を行うも、0-3(110-118、111-117、112-117)の判定負けを喫し王座から陥落。この試合を最後に2002年1月、正式に引退した。

https://www.youtube.com/watch?v=kusOKvyXGLM

畑山は日本のファンにとり、クローゼットクラシックシリーズのお気に入りの一人であり、そのシリーズのファンは畑山の試合がどれほど素晴らしく、彼がどれほど楽しいかを十分に知っているだろう。悲しいことに、ここでは彼の最も楽しい試合の話をしているのではなく、最も重要な勝利の話をしているのだ。それを考慮しても、私たちは畑山の素晴らしい試合をいくつか紹介することができる。

畑山隆則VS坂本博之は、日本のボクシング界を代表する男同士の対戦だった。
坂本は他の世界タイトル戦で何度も失敗しているが、その中にはセラノとの一戦も含まれている。この試合は素晴らしく、残忍でスリリングなもので、坂本は最終的に打たれすぎ、10ラウンドの早い段階で燃え尽きるように倒れた。悲劇的なボクシングの話が好きな人にとっては、坂本のキャリアと人生は一読の価値がある。畑山は、この後、同じファイターではなくなってしまったといえる。燃え尽きたような魂の宿る究極の試合だった。

畑山隆則は日本においてはデラホーヤのようなカリスマ性のあるファイターで、当時一人で日本のボクシングを支えていた。

やんちゃで運動神経抜群の少年だったのだろう、アマチュアの経験は一度もなく、プロの叩き上げのみで成り上がった。元来のセンスが素晴らしく、日本では走攻守の揃ったノックアウトパンチャーとして連戦KOで出世していったが、世界のスーパーフェザー級は別次元だった。ボクシングの妙、奥深さを身をもって教えてくれた。

崔龍洙は畑山のライバルといえる世界王者で、畑山以上の実績を残したが、彼もアジアの世界王者だった。スピード、見栄え、全て畑山が上にみえるのに、崔龍洙のタフネス、抵抗力、底力は恐ろしく、かつての相手のようにはいかなかった。

崔龍洙との試合を経て、世界で勝ち抜くために泥臭い「コリアンスタイル」を取り入れて、畑山はさらにスタイルに幅をもたせていった。そこが並の才能とは違う。

しかし防衛戦は多難だった。

サウル・デュランと引き分け、ラクバ・シンとの防衛戦では、選手生命の終わりともいえる痛烈なダウンを食らい敗北。ラクバ・シンは崔龍洙とどっこいの実力だったが、この階級の世界的ファイターの怖さを象徴するKOシーンだ。

畑山のような天才をしても、本当の世界との差は隔絶の感を抱いたが、その後は日本を中心に、誰もが期待する試合を続け、劇的な勝利を魅せていった。

畑山隆則VSコウジ有沢

浮かれて地に落ちた畑山より、真面目なイケメンの日本王者、コウジ有沢を推す声も大きかった試合だ。しかしキャリア、修羅場、才能の差をみせつけて畑山の完勝となった。

畑山隆則VS坂本博之

辰吉VS薬師寺と並んで語り継がれる永遠の試合だが、内容は断然こっちがいい。感動的なストーリーを持つ苦労人、坂本を応援するファンの方が多かったようにおもう。畑山はメイウェザーのような憎まれっ子だった。両者死力を出し尽くし、感動的なフィナーレを迎えたが、畑山の頭脳的完勝といえる内容だった。

畑山
「俺にはパンチがない、坂本にはある。だから俺が勝つんです。」

その後の試合は勝敗だけみれば

リック吉村には空転させられて負けでもおかしくなく
ジュリアン・ロルシーにはリングジェネラルシップで勝ちでもおかしくない

ような試合を消化し引退した。

マニアは知っている。

当時、オルズベック・ナザロフらとスパーリングしていた畑山もわかっていただろう。

スーパーフェザー級、ライト級には

フロイド・メイウェザー
ディエゴ・コラレス
アセリノ・フレイタス

ら、屈指の強豪が揃っていた。

そんなメンツの中では、いくら日本の誇り、畑山隆則であろうとも手も足も出ないであろうと。

しかし、やれば熱いファイトになったのは想像に難くない。

代わりに、畑山隆則は記録よりも記憶に残る数々の名勝負を日本のファンに提供し、一人日本ボクシングを支え続けた。やんちゃで熱く、期待を裏切らない、人々がアスリートに求める要素を全て持つ彼は、全力で時代を駆け抜けた。

彼にアマチュアキャリアや幼少期からの経験があれば、どれほど怪物だったろうか。

シェアしてくださるとうれしい
RSS
Twitter
Visit Us
Follow Me
{{ reviewsOverall }} / 5 ユーザー (4 投票)
Rating
みんなの意見 あなたの評価を残してください
順序:

最初にレビューを残してください。

User AvatarUser Avatar
確認
/ 5
{{{review.rating_comment | nl2br}}}

このレビューにはまだ返信がありません。

Avatar
もっと表示する
もっと表示する
{{ pageNumber+1 }}
あなたの評価を残してください

お使いのブラウザは画像のアップロードをサポートしていません。現代のものを選んでください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)