偉大なる臆病者/ウィラポン・サハプロム

シェアしてくださるとうれしい
RSS
Twitter
Visit Us
Follow Me

長谷川には、1回殴ったら2回殴り返された。2回殴ったら3回殴り返されました。僕が戦った時は若くてフレッシュでエネルギッシュで力が漲っていたのだとおもいます。
西岡は、すごく速くて、捕まえるのが難しかったです。

元ムエタイのスター、ウィラポン・サハプロムはボクシングに転向し、1990年代から2000年代にかけてバンタム級タイトルを長期間保持していた。2度目の王座奪取は特に記憶に残るもので、14回のWBCベルト防衛に成功した。バンタム級の王座の長期防衛に成功したのはオーランド・カニサレスとマヌエル・オルティスだけで、ウィラポンより王座保持期間が長いのはカニサレスだけだ。

サハプロムは1968年11月16日、タイのナコンラチャシマで4人の子供の次男として生まれた。本名はティーラポール・サムランクランという。

サハプロムがまだ幼かった頃、彼の家族は150キロ以上(100マイル近く)西のサラブリに引っ越した。父親はトラックの運転手として働き、母親は小さな屋台を経営していた。サハプロムは、貧しい家族を助けるために幼い頃から仕事を始めた。

ウィラポン
「12歳くらいの若い頃、パンクしたタイヤを修理する道端の小さなブースで働いていました。トラックの運転手が主な客だった。朝は学校に行き、夕方には店で働き、店で寝泊まりしていました。1つの穴につき30バーツ(1ドル)もらっていました。時にはもっと儲けるために、わざとタイヤに穴を開けたりもしてました。」

この時期にムエタイのキャリアをスタートさせた。

ウィラポン
「地元のお寺のお祭りでファイトをみました。たくさんの子供たちがいて、みんなの体重を測って、手首に体重を書いていました。子供たち全員をまとめて、試合を組んだんです。その時に戦う気があるかどうか聞かれました。それがデビューでした。最初は家で練習していました。ジムにも入っていませんでした。バンコクの大会に参加するようになってからは、サラブリでトレーニングをしていましたが、試合の15日前くらいにプロモーターがスパーリングパートナーを呼んでくれました。」

ムエタイのキャリアの絶頂期には、サハプロムはジュニアフライ級、フライ級、ジュニアバンタム級で権威のあるルンピニとラチャダムナン選手権で優勝した。1試合あたり200,000バーツ(6,500ドル)の賞金を得た。

サハプロムのプロモーターはプロボクシングへの転向を決意し、ナコーンルアンプロモーション(NKL)と契約した。

1994年12月、デビュー前の3ヶ月間、ボクシングを中心としたトレーニングを行い、ジョエル・フニオを3ラウンドでノックアウトしたのがデビュー戦となった。

サハプロムはさらに2勝し、プロになってわずか9ヶ月後、経験豊富な同郷のダオルン・チュワタナとWBAバンタム級の王座をかけて対戦、12ラウンドほぼ互角の戦いを繰り広げ、サハプロムがスプリットディシジョンで勝負を決めた。

サハプロムは初防衛戦で、手ごわい指名挑戦者ナナ・コナドゥにノックアウトされた。

ウィラポン
「初回で彼を倒した後、自信過剰になってしまった。2ラウンドが始まってからは、ノックアウトしようと意気込んで強引になってしまいました。驚いたことに、コナドゥは回復していて、ノックダウンされてしまいました。私はTKOで負けました。」

敗北後、ファンはサハプロムに懐疑的になった。師匠であるスラチャートは、彼にボクシングを続けるかどうか問うた。サハプロムは立ち直ろうと決意し、3年以内に16戦連続で勝利を収め、アクティブに試合を続けることでボクシングの腕を磨いた。その後、1998年12月にWBC王座決定戦でタイトルを再び獲得した。

ウィラポン
「シリモンコン・シンワンチャは、日本での世界タイトル防衛戦で辰吉丈一郎に敗れました。彼のプロモーターが日本のプロモーターとオプション契約を結んでいたので、ベルトを取り戻すために日本に派遣されました。」

タイ人ファイターはこのチャンスを逃すことなく、6ラウンドで日本の人気ファイターをストップした。

今回のサハプロムは、はるかに長くタイトルを保持した。辰吉との再戦(TKO7)、タフなメキシコ人アダン・バルガス(UD12)、リカルド・バラハス(KO3)らを破った。未来のスーパーバンタム級世界王者の西岡利晃と4回戦い、2勝2分を記録している。

2005年4月、36歳のサハプロムは東京で長谷川穂積と対戦。タイ人はピークを過ぎた兆しを見せており、ハードファイトの末判定で王座を奪われた。サハプロムは再戦を決意し、何度かの勝利を収めた後、1年後に長谷川と対戦したが、9ラウンドでノックアウトされた。

その後も戦い続け、2008年6月にはタイトルエリミネーターでブシ・マリンガと対戦、4ラウンドでストップされた。

通算戦績(66勝4敗2分、46KO)で引退。

現在51歳のサハプロムは結婚しており、2人の子供がいる。彼はチャイヤプム県に住んでおり、「バン・チャンプ・ロック(世界チャンピオンの家)」と呼ばれるレストランを経営している。

ウィラポン
「私が有名になったのはボクシングのおかげです。もしボクシングがなかったら、今日の私は存在しないでしょう。多くのファンが今でも私のことを覚えていてくれています。彼らの中には、レストランで食事をした後、会いたいと言ってくる人もいます。写真を撮りたいと言ってきます。私のファンだからと、父親や祖父を連れてレストランに来てくれる人もいます。」

ライバルについて

ベストジャブ リカルド・バラハス

彼はしっかりとしたクリーンなジャブを持っていた。メキシコのボクサーはみんなボクシングが上手い。

ベストディフェンス セルジオ・ペレス

非常に良いディフェンスだった。体勢を前後に切り替えていたので、クリーンなパンチを打ち込むのが非常に難しかった。サウスポーを予想していたが、2ラウンドでオーソドックスに切り替えた。そして3ラウンド目にまた切り替えた。

ベストハンドスピード アダン・バルガス

素早いパンチを打ってきた。指名試合で戦ったメキシコ人はみんな上手かった。

フットワーク 西岡利晃

すごく速くて、捕まえるのが難しかったです。

スマート リカルド・バラハス

バラハスが一番頭が良かったと思います。先に倒せたのがよかった。コンビネーションが良かったです。勝ったのは、彼の顎にクリーンなアッパーを当てる機会があり、ラッキーだったからです。その後、右クロスを打つタイミングがわかったので、それで試合は終わった。彼の顎にアッパーを当てていなかったら、非常に難しい試合になっていたと思います。

屈強 長谷川穂積

1回殴ったら2回殴り返された。2回殴ったら3回殴り返されました。僕が戦った時は若くてフレッシュでエネルギッシュで力が漲っていたのだとおもいます。

ベストチン 長谷川

先ほども言ったように(彼は)耐久性がありました。爆発力もありました。

ベストパンチャー バラハス

バラハスが一番強かったです。完璧にクリーンなパンチを当てられなかったにもかかわらず、パンチの感触が伝わってきました。バラハスとは30代前半の自分がピークの時に戦った。長谷川やコナドゥと戦った時はパンチをうまく受け止められませんでした。だから倒されたんです。長谷川とは30代後半の頃に対戦したので、ピークのの頃と比べると力が落ちていました。

ベストスキル バラハス

どのメキシコ人もとても上手かったと思います。しかし、リカルド・バラハスは最も美しく戦った。技術的にはバラハスが一番だったと思います。彼は美しいメキシカン・ボクシング・スタイルを持っていました。

総合 アダン・バルガス

私はまだ戦いを鮮明に覚えている。彼は身長173cm(5フィート8)もあって素晴らしい体格でした。彼は私に非常に厳しい時間を与えた。バルガスは私が対戦した中で最高だった。最初の6ラウンドでポイントを取られました。サウスポーだったことが、さらに難しい試合でした。6ラウンド目でガス欠になったので、判定で勝てました。タフな試合でした。

日本人との激闘が記憶に鮮明なウィラポンだが、本人の印象としてはメキシカンが強敵だったようだ。西岡よりもその前に戦ったアダン・バルガス、フランスで戦ったリカルド・バラハス。彼らは世界王者になれずにリングを去ったが、西岡や長谷川以上にウィラポンにとっては強敵だった。

フランスでタイ人とメキシコ人が戦った背景には、タイの財政難と、当時フランスにブライム・アスロウムという五輪金のエリートがいて、フランス側が彼とウィラポンとの対戦を画策していたが、ウィラポンがあまりに強く、スルーされたようだ。たった3ラウンドで終わった試合だったが、ウィラポンの勝利の喜び方はかなりのもので、それだけ難敵だったのだろう。

ウィラポンは長期政権を築いたバンタム級の巨人だが、アジアンコンプレックスを抱えていたようにおもう。アジアを中心に防衛を重ねたが、かなり小柄で、必殺の強打を持つ怖いファイターではなかった。ラファエル・マルケスやティム・オースティンの方が強かったかもしれない。ナナ・コナドゥに負けてからは黒人恐怖の克服に時間をかけたという。メキシカンは常に最大の敵だったのだろう。

ウィラポンは、ムエタイのキャリアに裏打ちされたテクニック、当て勘があり、ボクシングだけをやってきた日本人とは技の多彩さが違った。右をジャブのように使ったり、パンチの芯を外したり、細かな匠の技が当時の辰吉や西岡とは違った。辰吉との試合はどちらも圧勝だったが、辰吉が怖いからこそ相当の研究と緻密さで乗り越えたようにおもう。

しかし、長谷川の若さや爆発力には対応できず、外国人のパワーやスキルには相当警戒していた。臆病だからこそ築けた長期政権だったようにおもう。ダオルン・チュワタナとの差はわずかだったが、一方は短命、一方は歴史に名を刻むレジェンドになった。

格闘技には虚勢、強がりも大事だが、本当に結果を出すのは、相手に敬意を示し、恐怖をコントロールし、必至に練習し研究し対策した者だ。

少し意外な、ライバル回想でした。

シェアしてくださるとうれしい
RSS
Twitter
Visit Us
Follow Me
{{ reviewsOverall }} / 5 ユーザー (1 投票)
Rating
みんなの意見 あなたの評価を残してください
順序:

最初にレビューを残してください。

User AvatarUser Avatar
確認
/ 5
{{{review.rating_comment | nl2br}}}

このレビューにはまだ返信がありません。

Avatar
もっと表示する
もっと表示する
{{ pageNumber+1 }}
あなたの評価を残してください

お使いのブラウザは画像のアップロードをサポートしていません。現代のものを選んでください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)