パタゴニアの鉄人/Locomotora(機関車)ホルヘ・カストロ

ボディといえば、日本の竹原慎二は強烈だった。 でもありとあらゆるパンチが強烈で星がちらついたという点で、ゴメスだろう。あの時奴はデカすぎて、私はデブで年寄りのろくでなしだった。 続きを読む

1000ユーロファイターの壊れた左拳/(Maravilla=驚異の男)セルジオ・マルチネス

セルジオ・ガブリエル・マルチネス、アルゼンチン人の域を超えたクールでインテリジェンスたっぷりなそのボクシングは、アルゼンチンの枠に収まらないほどの移動と苦労があったから培われたものだった。20歳を超え… 続きを読む

マエストロ “El Huracan”(ハリケーン)オマール・ナルバエス

いつかは新しいスターが現れ、私を乗り越えていくだろうと意識していた。日本の怪物には驚かされたよ。誰もが承知のように、彼のポテンシャルは高く、打撃にパワーがあった。彼の爆発力、パンチの強さには驚かされま… 続きを読む

アルゼンチンの殴り坊主/El Chino (エル・チノ)マルコス・マイダナ

マルコス・マイダナは10年代前半にジュニア・ウェルター級とウェルター級で世界タイトルを獲得した。最後の試合で、このアルゼンチン人のファンフレンドリーなスタイルは、フロイド・メイウェザー・ジュニアに最も… 続きを読む

飴と鞭(ラティゴ)/ファン・マルチン・コッジ

世界王者が遥かに遠い存在だった頃、日本人との対戦、来日も厭わず戦ってくれた王者の一人がファン・マルチン・コッジだった。しかし日本屈指のハードパンチャーとは異質な強打、鞭のようにしなるその豪打はホンモノ… 続きを読む

アウト・オブ・コントロール/カルロス・モンソン

我々の社会は、女性を殴ったり暴力を振るう男を偶像化するクレイジーなバカ社会である。お洒落を教えたり、少しは上手に話すことを教えても、考えることを教えなかったバカ共、全ての女性を殴ったと言ってもゾッとし… 続きを読む