微笑みの国の巨匠/(デスマスク)ウィラポン・サハプロム

暗いテーマが続いたので明るいテーマを。けれど微笑みの国からきたこの男のニックネームはデスマスク。日本人の宿敵のはずが、結果的には日本人に愛され、尊敬される存在になった。それは彼の人格、ボクシングを超え… 続きを読む

台風小僧一過/(Ferocious=El Feroz=狂暴)フェルナンド・バルガス

意図せず悪童シリーズになってしまったが、フランシスコ・ボハドと言わずとも、もっとわかりやすい例にフェルナンド・バルガスがいた。テオフィモ・ロペスもライアン・ガルシアも、まさかボハドのようにはなりたくな… 続きを読む

限りなく透明に近いブラック/(ティト)フェリックス・トリニダード

フェリックス・トリニダードに関してはもっといい話題を取り上げたかったが、プエルトリコの英雄として賞賛する啓蒙的なものか、国債を買いまくって国が破綻し破産したという記事くらいしか探せなかった。あの素晴ら… 続きを読む

喧騒の中の孤独/(バズーカ)アイク・クオーティー Vol.3

アフリカのガーナからやってきた「バズーカ」クオーティーはダークホースの立場から遂に人生最良の給料日を迎えた。しかしひたむきに勝利に向かって努力を重ねても、何かを微妙にはぐらかされる、純粋すぎる引き立て… 続きを読む

喧騒の中の孤独/(バズーカ)アイク・クオーティー Vol.2

WBA世界ウェルター級チャンピオン、防衛7度。これがクオーティーの残した記録だが、記録以上に記憶に残る名王者だった。バズーカの名の通り、目にも止まらぬ硬質なジャブと破壊力のある右ストレートで心に訴える… 続きを読む

喧騒の中の孤独/(バズーカ)アイク・クオーティー Vol.1

ずっとやりたかったアイク・クオーティーの登場です。 ジャブの怪獣、アイク・クーティーはどこからやってきてどこに行ったのか。 知らなかった事実も含め、オールドファンの皆様お楽しみください。 続きを読む

Mi Vida Loca-ミ・ヴィダ・ロカ=私の狂った人生/ジョニー・タピア

リングの狂犬、ジョニー・タピアは悲惨で過酷すぎる人生の地獄に抗うため、破滅の道を進んだ。しかしリングの中だけは天国だった。リングだけが人生、ここでしか生きることができなかった。 続きを読む

見届けた男/ケニー・アダムス

あまり人となりがわかる記事ではありませんが、生き証人のようなトレーナー、ケニー・アダムスのインタビューです。今はたしかWBSS決勝で井上尚弥と対戦するノニト・ドネアに頼まれてみているかとおもわれます。… 続きを読む

ヨハネ3:16/(キング)ケネディ・マッキニー

最高の才能が必ずしもプロで大成功するわけではない。数多くのボクサーを指導し、今はノニト・ドネアを教えるケニー・アダムスをして最高傑作といわしめた男はその才能の片りんを随所にみせながら、ビッグファイトに… 続きを読む

ミスターパーフェクト/ワシル・ロマチェンコの作り方

最近、ニュース的な事よりもボクサーを掘り下げた記事に関心が移っている気がする。読み物としてアクセスは低くても時間で消えるものではなく後に残るから。自分が読み返したいから。ハイテク、マトリクス、ロマチェ… 続きを読む

陽のあたらない部屋/(アメリカン・ドリーム)デビッド・リードVol.3

金メダルは祝福であると同時に呪いでもある. 今、(アメリカン・ドリーム)デビッド・リードは新たな戦いに挑んでいる。 続きを読む

陽のあたらない部屋/(アメリカン・ドリーム)デビッド・リードVol.2

「私は目が悪く・・・もう戦えません。ボクシングは好きです。子供の頃に・・・ボクシングが好きになりました。・・・しかし十分稼ぐことができませんでした・・・だから、今はボクシングとは何も関係がありません。… 続きを読む

リトルビッグマン/シャンバ・ミッチェル

メドウランズで、俺がロープにつかまったところで、ドーン。部屋全体が真っ暗になり、俺は1分間ロープの上に座っていた。その時、「チン」という鐘の音が聞こえた。俺は1分間そこに立って、自分のコーナーに戻った… 続きを読む

陽のあたらない部屋/(アメリカン・ドリーム)デビッド・リード Vol.1

忘れられない、忘れてはならないボクサーを残すために記録する。既に記録した。しかし己のために改めて記録し直す。 続きを読む

視界不良なミスリード/(アメリカン・ドリーム)デビッド・リード

最短世界奪取、複数階級最速制覇・・・最短、最速そんな記録はいらない。これはキャリアを急ぐ日本のボクシング界、関係者に是非読んで欲しい記事だ。 続きを読む

不屈のブラック・ジャック/(The Surgeon=外科医)フランキー・ランドール

ランドールといえば、フリオ・セサール・チャベスに初めて土をつけた男という名誉だけがついてまわるが、キャリアを通して振り返ると、不遇、不運の王者だった。こんな地味な男が輝いてはいけない、何かの間違いだと… 続きを読む

孤独なサクセスストーリー/ギジェルモ・リゴンドーVol.3

そして最終章。ギジェルモ・リゴンドー来月39歳の旅はまだ続く。まだ終われない。やり残した仕事があるのだ。彼の長い航海を巡る灰色の海の向こうに岸は見えない。 続きを読む

孤独なサクセスストーリー/ギジェルモ・リゴンドーVol.2

ギジェルモ・リゴンドーのアメリカへの逃走はさながら映画のようなストーリーで進んでいく。 続きを読む