マエストロ “El Huracan”(ハリケーン)オマール・ナルバエス

シェアしてくださるとうれしい
RSS
Twitter
Visit Us
Follow Me

いつかは新しいスターが現れ、私を乗り越えていくだろうと意識していた。日本の怪物には驚かされたよ。誰もが承知のように、彼のポテンシャルは高く、打撃にパワーがあった。彼の爆発力、パンチの強さには驚かされました。何年もかけて、彼がパウンド・フォー・パウンドで最高の選手の一人であることをみんなが認めるように、私も認める。

息の長いアルゼンチンのオマール・ナルバエスは、2000年代初頭から2010年代半ばにかけて、フライ級とスーパーフライ級の世界タイトリストとして10年以上にわたって長く君臨した。

5人兄弟の1人であるナルバエスは、1975年10月7日、ブエノスアイレスのような大都市の明るい光や喧騒から遠く離れたパタゴニア北東部のトレリューで生まれた。

ナルバエス
「トレリューの街で育ち、危険なことは何もなかった。子供時代はとても美しいものでした。地味だけどとてもいい環境で育ったんだ。両親の愛情は、いつもそばにありました。子供のころはサッカーが好きで、いつも地域のクラブでプレーしていました。」

3年生(5年制)までしか進まなかったナルバエスは(のちに2年を消化)若い頃はボクシングに興味を示さなかったが、10代になってから変わったという。

ナルバエス
「兄がボクシングをやっていて、その練習を見に行ったことがきっかけで興味を持つようになりました。ずっとサッカーをやっていたけど、初めてボクシングをやって好きになったんだ。17歳でサッカーからボクシングに変えました。そこから偉大なボクサー、世界チャンピオンになるという夢と目標が始まった。」

“El Huracan”(ハリケーン)は地元のスカウトの目に留まり、アマチュアで13試合しかしていないにもかかわらず、20歳で代表チームに入るためにブエノスアイレスに移った。

ナルバエス
「デビューからわずか1年半でナショナルチームの門が開かれた。このチャンスを逃す手はない。チャンスを逃すことなく、階級No.1、そしてアルゼンチン代表のキャプテンになることができました。」

その後、4つの国内タイトルを獲得したが、同胞よりはるかに優れていたため、国内大会にはあまり参加できなかった。1998年の南米大会、1999年のパンアメリカン大会では金メダルを獲得している。

1996年、2000年のオリンピックに代表として出場したが、いずれも2回戦で敗退。しかし、1997年と1999年の世界選手権では、それぞれ銅メダルと銀メダルに輝き、大きな成功を収めた。

テキサス州ヒューストンでブラット・ジュマディロフに6対4の判定で敗北。

ナルバエス
「決勝では接戦の末にポイント負けしてしまった。でもメダル獲得は私にとってとても重要なことで、アマチュア・ボクシング界でとてもいいポジションを占めることができた。」

ナルバエスは、アマチュアで78勝25敗の成績を収めた後、プロに転向することを決意し、プロモーターのオスバルド・リベロと組んで、2000年12月にデビューを果たした。

アマチュアの基礎がしっかりしていたため、ナルバエスの動きは早く、1年半後には彼のチームがWBOフライ級タイトリストのアドニス・リバスを招聘、地元アルゼンチンで対戦が実現した。

ナルバエス
「2002年にルナ・パークでアドニス・リバスを破ったことは、とても素晴らしい経験であり、そこから私の世界チャンピオンとしての支配が始まったのです。」

この小柄なサウスポーは、7年10ヶ月の間、16回の防衛戦を行い、そのうちのいくつかは、イタリア、フランス、スペインで行われた。

アレクサンダー・マフムトフ(RTD10)、ブライム・アスロウム(UD12)、アレハンドロ・エルナンデス(UD12)のような選手を返り討ちにしたのは特筆に値する。

興味深いことに、ナルバエスはポンサクレック・ウォンジョンカムのフライ級防衛記録にあと一歩のところでタイトルを返上している。

ナルバエス
「記録が17であることを知りませんでした。スーパフライ級に昇格する可能性が出てきた。フライ級に留まるのは難しかったんだ。」

アマチュア時代に勝ったことのあるエベルト・ブリセーニョと対戦し、2010年5月に12ラウンドの判定でニカラグア人を圧倒し、空位のWBO115ポンドタイトルを勝ち取った。

その後、4年半の間に11回の防衛に成功した。その間にバンタム級に転向し、2011年10月、ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンでWBC/WBO王者ノニト・ドネアと対戦したが不成功に終わった。

それはあまりにも遠い橋だった。

ナルバエス
「ノニトと戦ったとき、私は左手を骨折していたのですが、とにかく試合を引き受けた。ボクシングの面では劣っているとは感じなかったが、肉体的には劣っていると感じた。体格差はすぐに打ち消すのが難しいことに気がついた。私はノニトを追い詰めようとしなかったので、彼は私に反撃してきたのです。私の強みは常にディフェンスとカウンターアタックにあり、彼の強みもまた、リーチとサイズの差にあり、私が彼に届くことは不可能だったからです。彼のゲームプランに乗ると危険なので、自分の脚本から外れないようにしました。」

スーパフライ級では、セサール・セダ(UD12)をはじめ、タフなメキシコ人フェリペ・オルクタ(SD12/MD12)を2度破っている。

2014年12月、ナルバエスに日本行きのオファーがあり、急成長中のスター井上尚弥と対戦することになった。

それは井上のカミングアウトパーティーであることが証明された。

ナルバエス
「いつかは新しいスターが現れ、私を乗り越えていくだろうと意識していた。」

キャリアで唯一2ラウンドで見事にストップされたナルバエスは語った。

ナルバエス
「当時、井上はまだ若かったので、それが今の井上尚弥になるとは思っていなかった。日本の怪物には驚かされたよ。誰もが承知のように、彼のポテンシャルは高く、とてもパワーがあった。彼の爆発力、パンチの強さには驚かされました。何年もかけて、彼がパウンド・フォー・パウンドで最高の選手の一人であることをみんなが認めるように、私も認めるよ。」

ナルバエスはまだ終わっていなかった。2018年4月に北アイルランドのベルファストでWBO118ポンド王者のゾラニ・テテとマッチアップするまでに、さらに5勝を挙げている。

ドネアに対してチャンスを作ることができなかったのと同様、彼ははるかに大きな相手に対して再び限界を露呈し、12ラウンドのシャットアウト判定を落とした。

ナルバエスはその後2回ボクシングを行い、2019年にジャーニーマンに敗れ、グローブを置くことにした。44歳にして(49勝4敗2分、25ノックアウト)の戦績を残し引退。

フリオ・セサール・チャベス、バーナード・ホプキンスに次ぐ世界戦32試合、世界タイトルマッチでは28勝3敗1分(13KO)という驚異的な戦績を誇っている。

現在46歳のナルバエスは、結婚してトレリューに住み、5人の子供がいるが、現在のパートナーとの間には2人の子供がいる。アルゼンチンではユースとジュニアのナショナルチームのコーチとしてボクシングに携わり、その経験を後進に伝えている。息子のジュニア(16歳)もコーチしている。ジュニアは父親と同じように52kg級で戦い、国内最高のジュニアと評されている。

ベストジャブ ゾラニ・テテ

リーチが長くて近寄れないし、私と同じサウスポーでした。

ベストディフェンス アレハンドロ・エルナンデス

“パヤシート “はとてもディフェンシブで、難しい相手でした。動きが速く、決して真っ直ぐには戦わないので、クリーンなパンチ、ハードなパンチ、しっかりしたパンチを当てるのが難しい。私は常にボディから始めて、頭を狙う必要があったのです。

ハンドスピード アレックス・マフムトフ

マフムトフは驚くほど速く、正確なパンチを繰り出す。彼はスピードのあるベテランで、何度も驚かされました。だから、彼は私が最も速い選手として今でも覚えている。

フットワーク テテ

彼はとても背が高く、腕も長かった。彼が少し動くだけで届かなくなるくらいでした。ボディも遠かった。

クレバー ノニト・ドネア

最も知的だったのはノニト・ドネアです。彼はいつも自分の距離で戦っていましたから。彼は常に距離をとって戦うので、私は彼に届かず、踏み込むと危険でもありました。ボディを狙ったり、彼の距離に入ったりして、コネクトできるように試みたのですが、彼はハードなパンチで脅かし、冷静さを保っていました。

屈強 セサール・セダ

彼はこの階級にしては大きく、私に体重をかけてきてどっしりしていた。彼は強かった。私の方が速かったので、常に打って動かなければならなかった。

ベストパンチャー 井上尚弥

最初の瞬間からすさまじいパワーがあるのを感じました。左のパワー、パンチがすごい。彼は唯一、私を倒し、KOに成功しました。

ベストチン フェリペ・オルクタ

彼は常に前に出てきた。私は彼にハードパンチを打ち込みましたが、彼を動かすことはできませんでした。私は彼と2度戦いましたが、2度とも何発も強いパンチを打ち込みましたが、彼を後退させることはできませんでした。

ベストスキル ドネア

最も技術的なリソースを持っていたのはノニト・ドネアでした。ジャブ、ハンドスピードに優れ、非常に完成されたボクサーでした。彼はパンチで上下に動いた。フットワークもいい。彼は常に、自分が最も心地よいと感じる距離をキープしていました。彼は最も総合力の高い選手だったと思う。

総合 井上尚弥

総合的にベストな相手は井上尚弥だったと思う。あの爆発的な強さとハンドスピードの組み合わせは、常に危険でした。彼は非常に完成されています。ボクシングを知っていて、パンチを繰り出すときのハンドスピードとパワーに支えられています。

具志堅がフライ級ではあまりぱっとせず、新設のジュニアフライ級で水を得た魚のように躍動したのと同様、ナルバエスにとってドネアやテテは体格差やパワー差が顕著で酷な相手だった。

具志堅の名を出したのは、強い時のナルバエスがまるで具志堅のように申し分のない強さだったからだ。何も欠点も穴もない総合力の高いマエストロのようなスタイルのサウスポーだった。

日本人との邂逅が少なかったので、その強さは謎に包まれていたが、久高との試合を観ればいかに強いかがよくわかる。

「いつかは新しいスターが現れ、私を乗り越えていくだろうと意識していた。」

それはドネアではなく井上尚弥だった。

大橋秀行を破ったリカルド・ロペスのように、10年に一度かそのあたりに、突如、異次元の怪物が現れる。

返上していなければ、ポンサクレックの記録を超えていただろう、偉大なマエストロ、”El Huracan”(ハリケーン)オマール・ナルバエスが、遥々地球の裏側から日本に来てくれたことに感謝せねばならない。

WBO世界フライ級王座(防衛16=返上)
WBO世界スーパーフライ級王座(防衛11)

偉大な功績を残し、静かにグラブを置いた。

シェアしてくださるとうれしい
RSS
Twitter
Visit Us
Follow Me
{{ reviewsOverall }} / 5 ユーザー (5 投票)
評価
みんなの意見 あなたの評価を残してください
順序:

最初にレビューを残してください。

User Avatar User Avatar
確認
/ 5
{{{review.rating_comment | nl2br}}}

このレビューにはまだ返信がありません。

Avatar
もっと表示する
もっと表示する
{{ pageNumber+1 }}
あなたの評価を残してください

お使いのブラウザは画像のアップロードをサポートしていません。現代のものを選んでください

いかがでしたか?
52
10
10
4
2
2
2
No tags for this post.
5 2 投票
記事の評価
通知
guest

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを表示
0
コメント欄に投稿してください!x