マインドセット/ルーマニアのライオン レナード・ドーリン

シェアしてくださるとうれしい
RSS
Twitter
Visit Us
Follow Me

ヒーローは物事を成し遂げられるということを示すために必要なのです。ルーマニアにはプロがなかった。教えてくれる人もいない。プロのキャリアの50パーセントはマインドセットだと言われていますが、私たちにはそのマインドセットがなかったのです。

レナード・ドーリンは、2度のオリンピック銅メダリストで後にプロに転向し、2000年代前半にライト級世界タイトルを獲得した。

ドーリンは、本名をレオナール・ドロフテイといい、3人兄弟の末っ子だ。1970年4月10日、ルーマニアのブカレスト郊外にあるプロイエシュティで生まれた。

ドーリン
「私の幼少期はとても大変でした。7歳の時に父が亡くなりました。父を失うのはとても辛いことでしたが、母が昼夜を問わず働き、できる限り家族を養おうとする中、17歳年上の兄が多くの責任を担ってくれました。

当時、ルーマニアは共産主義国であり、工場労働やスポーツ以外の機会はあまりなかった。私は偶然にボクシングに出会い、父親を亡くした私の心の穴を埋める第二の家族をボクシングが与えてくれました。長年にわたってトレーナーの中に父親のような存在を見つけて、個人として成長することができました。」

ドーリンが初めてボクシングジムを訪れたのは、14歳の時だった。1991年にシニアナショナルで銀メダルを獲得すると、その後、4度にわたって最高位を獲得する。国際大会では、1993年の欧州選手権で銅メダル、1996年に金メダルを獲得。また、1995年のベルリン世界選手権では金メダル、1992年のバルセロナオリンピックと1996年のアトランタオリンピックでは銅メダルを獲得した。

ドーリン
「1992年、60キロ級のルーマニアのバシレ・ニストール選手が出場権を獲得していたのですが、私に体重を増やして63.5キロ級でやるように言ってきた。私は小さすぎたが、大きな心を持っていた。私はオリンピックに出場しました。63.5で(銅)メダルを取ったんだ。

好奇心から、自分の体重の60はどうなっているのかチェックしたんだ。オスカー・デ・ラ・ホーヤを見たが、彼は決勝で印象に残らなかった。彼が決勝で倒したマルコ・ルドルフはドイツの選手で、私はドイツで2回彼を倒しました。

数年後、テレビで(デ・ラ・ホーヤを)見てすごい!と思った。違う人だと。私はプロになりたかった。イヴォン・ミッシェルが才能を見抜き、僕をスカウトしてくれたんだ。」

アマチュア時代に239勝15敗だったドーリンは、1997年の冬に妻と2歳の息子を連れてカナダに渡った。

環境はまったく違ったが、ドーリンはボクシングに集中し、新しい環境に順応した。1998年4月、28歳でデビュー。

バーナード・ハリス(SD 10)、バーデル・スミス(UD 10)、後のIBFジュニアライト級王者ゲイリー・セントクレア(UD 10)という強敵を相手に、貴重なプロ経験を積んだ。

2001年には、それまで無敵だったマーティン・オマリーを倒し(RTD 9)エマニュエル・オーガスタとアクション満載の戦いを繰り広げ(UD 10)世界タイトル獲得に近づいた。

この勝利により、WBAライト級王者ジュリアン・ロルシーを破ったばかりの、アルゼンチンの老練なファイター、ラウル・バルビに挑戦する準備が整った。2002年1月、テキサス州サンアントニオで行われたジェシー・ジェイムズ・レイハ対ミッキー・ウォードのカードと同じHBOでこの2人は対戦した。

ドーリン
「トレーニングキャンプでは、バルビと対戦したときとはまったく異なるスタイルに対応できるよう準備した。」

ドーリンは、アマチュア時代の豊富な経験を活かし、12ラウンドのスプリット判定でベルトを獲得。

ドーリン
「幸運にも、もともとスキルの高いファイターだったので、自分のスタイルを変えることができた。試合は接戦になりました。」

長年の努力の末に得た、大満足の瞬間だった。

元WBOウェルター級王者のミヒャエル・ローウェに続く、ルーマニアで2人目の世界チャンピオンとなった。

ドーリン
「勝ったら、もう家に帰れると思ったんだ。ルーマニアを離れるときに、チャンピオンになると約束したんだ。(ホテルの)部屋で、ジュースを飲んでいた。かなり傷んでいたので寝ました。翌日、カナダに帰ってきた。そこにはたくさんの人が待っていて、私を迎えてくれました。」

しかし、それは祖国で受けた歓迎に比べれば、たいしたことはなかった。

ドーリン
「試合は朝の4時、5時に行われ、街には1万人の人がいて、大きなスクリーンで試合を見ていた。私はテレビでサッカー代表チームよりも高い視聴率を獲得した唯一のアスリートであり、それは現在も記録です。700万人近くが試合を観戦し、人口の40%近くが観戦した。国民的英雄です。ルーマニアを国際的な地図に載せるために戻ってきた最初のアスリートの一人です。体操選手のナディア(コマネチ)や、サッカー代表のゲオルゲ・ハジ以来だ。

私たちの仲間ならできるかもしれないという希望を国民に与えてくれたのです。ヒーローは物事を成し遂げられるということを示すために必要なのです。ルーマニアにはプロがなかった。教えてくれる人もいない。プロのキャリアの50パーセントはマインドセットだと言われていますが、私たちにはそのマインドセットがなかったのです。」

接戦だったため、2002年5月、ブカレストの屋内アリーナで12,000人のファンの前でドーリンとバルビは再戦した。

ドーリン
「2戦目は簡単だった。その時、彼は初戦でベストを尽くしていたことがわかった。しかし、私には成長の余地があり、練習を重ねることができました。また、私はルーマニアにいた。私の名前を叫ぶ観客のエネルギー「ドロフティー!ドロフティー!」という言葉を聞くたびに、新鮮なアドレナリンが出るようだった。何百万人もの人が観戦した試合です。観客動員数の記録を打ち立てました。サッカー代表のルーマニアは同じ週にフランスと対戦していたのですが、ナショナルチームの2倍の観客を集めました。」

1年のブランク後、チームは2003年5月、IBFライト級王者のポール・スパダフォーラと統一戦で対戦する契約を結んだ。この試合は、ドーリン優勢に見えたが、引き分けに終わった。

ドーリン
「私は世界中でボクシングの経験があるから、気にしない」

ライバルの母国のファンの前でスパダフォーラと対戦したことについて語った。

ドーリン
「ピッツバーグでは、ルーマニア人の良いサポートがあり、応援に駆けつけてくれた。私は試合に勝った。ハロルド・レーダーマンは、私が奪われたと言ったが、過去にこだわっている暇はないんだ。起こったことは起こったことであり、それを変えることはできない。」

ドーリンは再戦を要求したが、認められなかった。2003年10月、ルーマニアでミゲル・カリストと対戦することになった。しかし、それは幸せな帰郷とはいえないものだった。

ドーリン
「4.4ポンドオーバーの体重超過。ここで試したことが、そこではうまくいかなかった。その試合はキャンセルされ、体重超過でタイトルを剥奪されたが、私には何も残っていなかった。何が起こったのかわからない。」

ドーリンはボクシングから引退したが、140ポンドで復帰し、クラブファイターのチャールズ・ツォルニアフスキーを4ラウンドでボコボコにした。その結果、2004年7月、ニュージャージー州アトランティックシティで、アルトゥーロ・ガッティとWBCジュニアウェルター級王座を争うことになった。

ドーリン
「私のチームは140に下げる方が良いと考えていたが、アルトゥーロ・ガッティと戦うために(体重に慣れるために)もう1、2回調整試合をすることができただろう。ガッティは生きる伝説だった。私は疲れていた。心の中ではすでに引退していたのです。これ以上の道はなかったのだ。ガッティは私の心の中で特別な存在であり、これからもずっとそうあり続けるだろう。彼は偉大なチャンピオンであり、真の戦士だった。もし、ガッティに勝っていたら、私はおそらく続けていただろうし、それが私を殺していたかもしれない。」

34歳で、ドーリン(22勝1敗8KO)はプロボクシングから引退した。

ドーリン
「家に帰りたいと思ったんだ。私には3人の子供がいて、長い間、家を離れていたんだ。15年間ルーマニアに住んでいました。家族の事情でカナダに帰ってきたんだ。」

現在52歳のドーリンは、結婚して3人の子供を持ち、カナダのラバルに住んでいる。今でもジムに通い、子供たちにボクシングを教える手伝いをしている。不動産業にも携わっており、人生とキャリアのすべてがうまくいったと満足している。

ドーリン
「長年にわたり、いくつかの投資が実を結んだので、今は好きなことができる。私は運が良かった、お金の使い方が賢かった。もし、もう一度やり直すとしたら、また同じことをすると思うが、プロになるにはもう少し早い方がいいだろう。」

ベストジャブ ポール・スパダフォーラ

サウスポーで、背が高く、私をたくさん働かせた。彼は難しいスタイルで、とても巧かった。

ベストディフェンス スパダフォーラ

常に動いていて(動いている)ターゲットに当てるのはとても難しい。そして彼はサウスポーで、私はプロとしてサウスポーを相手にした経験があまりなかったんだ。

ハンドスピ-ド ラウル・バルビ

試合開始当初は、彼が違うスタイルで戦うことを予想していた。彼はとても速く、常にコンビネーションを完成させていた。それは私が彼に期待していなかったことだ。

フットワーク スパダフォーラ

彼はとても巧みで、機敏でよく動く。それが一番難しかった。彼はとてもよく動きました。

スマート アルトゥーロ・ガッティ

何をすべきかを知っていた。私は手を高く上げていたのに、ボディショットを放ってきた。彼は自分のショットをプランしていた。とても戦略的だった。ガッティと戦うのはチェスをするようなものだった。彼は、何を動かすべきか、いつ動くべきか、タイミングが合えば攻撃できることを正確に理解していた。彼は本当のプロだった。”

屈強 ガッティ

私は(ライト級から)上がらなければならなかったが、彼はスーパーライト級の体重で全盛期を迎えていた。ガッティは動かず、ナチュラルに強かった。私はもっと140ポンドで試合をして、あの強さに備え、身をもって体験すべきだったかもしれない。その階級で非常に快適なファイターとのビッグファイトに直行することになった。

ベストチン バルビ

24ラウンド戦った。彼はいいアゴをしていた。彼の皮膚は割れないし、ダウンもしない。私は彼をノンストップで殴った。彼はとても頑丈で、強いアゴだった。

ベストパンチャー ガッティ

頭へのパンチが特に強力な選手はいなかったが、最高のパンチャーはガッティだった。ボディショットで私を捕らえたからだ。

ベストスキル バルビ

バルビは戦士だった。私はバルビを尊敬している。戦士というのは、もともと戦いたくなるものですが、それを高度な技術で飼い慣らさなければ負けてしまう。戦士の本能は、どこまで行っても同じです。彼はそれを技術、ボクシングのセンス、正確さで磨いた。私は、プロの世界で活躍する天性のファイターを尊敬している。なぜなら、それには多くの技術が必要だからだ。

総合 スパダフォーラ

総合的に一番良かったのはポール・スパダフォーラです。ガッティには負けたが、スパダフォーラの方が、洞察力、動き方、ジャブ、リングテクニックに感銘を受けたよ。1990年、カザフスタンのアマチュア時代にコスチャ・ジューと戦ったことがある。彼は並外れたファイターだった。ポイントで負けたが、精一杯戦った。彼は生まれつきの才能があった。

不屈のジプシー/ジュリアン・ロルシー

畑山→ロルシー→バルビ

の後に続くライト級チャンピオン、日本人との対戦はなかった。
この時代は今と違いライト級も国際色豊かで、王座の移動も活発だった。

貧しく、プロの基盤もないルーマニアから誕生した王者だが、目をみはるアマチュアのキャリアがあり、日本人が対戦していてもスキルで翻弄されていただろう。

小柄で、スーパーライト級は厳しい、その相手が全盛期のガッティというのがさらに厳しいが、その敗北のみで、グローブを吊るした。22勝1敗8KO

デラホーヤらにもひけをとらないアマチュアの大物であり、もっと飛躍できる才能だったかもしれないが、プロになるのが遅く、基盤のないルーマニアから来た王者としては十分やりきった。

「もし、ガッティに勝っていたら、私はおそらく続けていただろうし、それが私を殺していたかもしれない。」

重い言葉です。

ポール・スパダフォーラ、いたなぁ。メイウェザーと同じくらい無敗だったが、どういう終わり方だったっけ?

シェアしてくださるとうれしい
RSS
Twitter
Visit Us
Follow Me
{{ reviewsOverall }} / 5 ユーザー (0 投票)
評価
みんなの意見 あなたの評価を残してください
順序:

最初にレビューを残してください。

User Avatar User Avatar
確認
/ 5
{{{review.rating_comment | nl2br}}}

このレビューにはまだ返信がありません。

Avatar
もっと表示する
もっと表示する
{{ pageNumber+1 }}
あなたの評価を残してください

お使いのブラウザは画像のアップロードをサポートしていません。現代のものを選んでください

いかがでしたか?
0
0
0
0
0
0
0
プクー

プクー

「ボクシング動画配信局」https://box-p4p.comの管理人です。 ボクシングで人生を学びました。

関連する投稿