異形の拳/(ティファナ・トルネード)アントニオ・マルガリート

シェアしてくださるとうれしい
RSS
Twitter
Visit Us
Follow Me

アントニオ・マルガリートは2000年代、ウェルター級のブギーマンとして活躍し、その間に3つの世界タイトルを獲得した。アグレッシブでオールアクション、熱いスタイルと鉄のアゴで知られていた。

アマチュアのキャリアを経て、1994年にわずか15歳で金銭的な理由からプロに転向。6年後、エリック・モラレスVSマルコ・アントニオ・バレラ戦のアンダーカードで、「ティファナ・トルネード」は、同じく新進気鋭のファイターで後のミドル級チャンピオン、セルジオ・マルチネスとマッチアップした。メキシコ人は、経験の浅いアルゼンチン人に打ち勝ち7ラウンドでTKO勝利。

マルガリートはダニエル・サントスに挑戦したが、ヘッドバットのアクシデントで1ラウンドで試合は打ち切られた。しかし、2002年3月に2度目のチャンスが訪れた。

マルガリート
「アントニオ・ディアスと戦い、(WBO)ウェルター級世界タイトルをTKO10で獲得した。」

元WBA王者のアンドリュー・ルイス(TKO2)、カーミット・シントロン(TKO5)ジョシュア・クロッテイ(UD12)という将来のIBF王者2人を相手に7回の防衛に成功。

2006年、Top Rank社はマルガリートに対し、フロイド・メイウェザーJr.に800万ドル程度のオファーを出したとされるがメイウェザーはこれを拒否した。

ボクシング界で最も恐れられる男 と称されたマルガリートは、最高の相手を探し続け、2007年にポール・ウィリアムズと対戦。この試合では、両者とも見せ場を作ったが、僅差で無敗のアメリカ人が判定で勝利した。

マルガリートはシントロンを破りIBF王座を獲得したが、その支配期間は短く、2008年夏、ミゲル・コットとのWBA王座決定戦のために王座を返上することになった。試合前、2対1の支持を得たコットは、そのボクシング技術で序盤をリードしたが、マルガリートはテンポの速いファイトでプレスを続けた。マルガリートはペースを乱すことなく戦い続け、夜が更けるにつれ、コットは動きでライバルを追い詰めようとした。マルガリートも負けじと、忍び寄る死のごとく、攻め続けた。最終ラウンド、コットの叔父はタオルを投げ入れた。

当然のことながら、マルガリートはこの勝利を自分の最高の勝利と考えている。

マルガリート
「素晴らしい戦い、素晴らしい勝利だった。メキシコ人とプエルトリコ人のビッグファイトは、いつも記憶に残るものだ。」

その後、マルガリートは休養を取り、2009年初めに行われたシェーン・モズリー戦で復帰。この試合に向けて、モズリーのトレーナー、ナージム・リチャードソンがマルガリートのバンテージに違法と思われるものを発見した。試合はその混乱にもかかわらず行われた。当時37歳だったモズリーは、9ラウンドTKOで圧倒的な勝利を収め、歳月を巻き戻した。

マルガリートは、トレーナーのハビエル・カペティロが自分のグローブに何をしていたのか、何も知らなかったと今日まで言い続けている。

マルガリートはボクシングから距離を置き、約16ヵ月後にジュニアミドル級で再起。カウボーイズ・スタジアムで4万人のファンの前でスーパースターのマニー・パッキャオと対戦することになった。パッキャオは、HBO PPV記録を更新するとともに、大差の判定勝ちを収めた。

2011年秋、マルガリートは宿敵コットとマディソン・スクエア・ガーデンで再び対戦し、今度はコットがリベンジを果たした。プエルトリコ人がほとんどのラウンドを制したが、9ラウンドと10ラウンドの間に、パッキャオ戦でも起こったマルガリートの目の周りの深刻なダメージにより試合が中断された。マルガリートはその後すぐに引退した。

マルガリートは、自分のキャリアの中で対戦してみたかった男が一人いるが、意外にもそれはフロイド・メイウェザーではない。

マルガリート
「それはオスカー・デ・ラ・ホーヤでなければならない。昔はオスカーのスパーリングパートナーだったんだ。コット勝利の後、オスカーが俺と戦うと本気で信じていたが実現はしなかった。」

2015年後半、マルガリート(38勝8敗27KO)はカムバックの意思を表明した。

マルガリート
「ある朝起きて、妻に復帰したくてうずうずしていると言ったんだ。妻は、医師が再び戦うことを認めてくれるなら、私の決断を100%支持すると言ってくれた。自分のマネージメントに連絡を取り、復帰について話をしました。そして、私が健康であり、メディカルクリアランスを取得できるのであれば、私の復帰の決断をサポートすると言ってくれました。

そして、私の体がポジティブな反応を示すかどうかを確認するために、試合をするつもりでトレーニングすることにしました。2ヵ月間のトレーニングの後、ユタ州のモラン・アイセンターに飛びました。ドクター・クランドールは、私に徹底的な眼科検査を行い、医学的に戦うことを許可してくれました。

土曜日、マルガリートはメキシコシティで10ラウンドを予定している試合で、ホルヘ・パエス・ジュニア(ジュニアミドル級)と対戦することになる。

今日、37歳のマルガリートは、彼のショーツに名前が刻まれていたミシェルとは、もう結婚していない。彼はロレーナ・ビダレスと再婚し、アントネラ、アントニオ・ジュニアという2人の幼い子供がいる。

ベストジャブ ポール・ウィリアムズ

ポールの長身とサウスポーの構えは、どのファイターにも理解されにくかったが、彼の最大の武器は間違いなくジャブだ。

ベスト・ディフェンス ロドニー・ジョーンズ

キャリアの初期にロドニーと戦い敗れました。彼のディフェンシブなスタイルは、キャリアの早い段階で成功し、私にとっては理解するのが難しいものだった。

ベスト・チン ジョシュア・クロッテイ:ダニー・ペレス

2人とも鉄のアゴを持っていました。2人ともにビッグショットを放ったが、頑丈だったのを覚えている。

ハンドスピード マニー・パッキャオ

マニーのカウンターやタイミングを計ろうとしたが、彼のハンドスピードに阻まれ、なかなかできなかった。

フットワーク シェーン・モズリー

シェーンは間違いなくフットワークの達人だ。彼は決して追い詰められることを許さなかった。

クレバー ミゲル・コット

ミゲルのようにゲームプランを持って試合に臨み、それを忠実に実行する選手はあまりいない。

屈強 クロッテイ

ジョシュアはパンチが強いとは思いませんでしたが、ボディは強かったです。重いパンチを打っても、ジョシュアはひるまなかったのを覚えています。
私がパンチするたびに、固い壁を殴るような感じがしました。

ベストパンチャー パッキャオ

マニーのパンチは小柄な選手にしては強力だったと言わざるを得ない。

ベストスキル コット

ミゲルは成功する運命にあった。アマチュアの経歴、資金的な裏付け、プロモーションのサポートなど、ミゲルはファイターが成長するために必要なものをすべて持っていた。
ファイターとして成長するには、スキルが必要なんだ。

総合 モズリー

シェーンはハンドスピード、フットワーク、パンチ、ディフェンス、そしてタフネス、すべてを持っていた。

そんなに速くも上手くもないが、底なしのタフネスと闘争心、プロ特有の間合いや泥臭いテクニックを身に着けた猛者がいるのがボクシングの中心、メキシコにはいる。

マルガリートは典型的なプロタイプのファイターで、誰もが怪我なしではすまされない、異常なタフネスと屈強さを秘めた大柄なメキシカンだった。

セルヒオ・マルチネスやミゲル・コットに勝利したのもアップセットとはいえないほどの実力を発揮したが、バンテージの不正が発覚してからは、急激にその勢いは引いていった。

かみ合えば無類の強さを発揮するが、

シェーン・モズリー
マニー・パッキャオ

らは自分よりもかなり小柄でも、スピードとパンチを兼ね備えた強者には成す術なく敗れた。コットに勝利したのは偉大だが、再戦であっけなく敗れたのは歴戦のダメージ故か、バンテージの細工なしではこんなものだったのか・・・

素直に賞賛できない灰色のキャリアだったが、この無骨なメキシカンが異様にタフで、アマエリートの多いボクシング界において異形の存在だったのは確かだ。

メイウェザーやデラホーヤが対戦を拒んだのは狡猾、慧眼ともいえる。
彼らにはマルガリートの不透明さがみえていたのかもしれない。

シェアしてくださるとうれしい
RSS
Twitter
Visit Us
Follow Me
{{ reviewsOverall }} / 5 ユーザー (0 投票)
評価
みんなの意見 あなたの評価を残してください
順序:

最初にレビューを残してください。

User Avatar User Avatar
確認
/ 5
{{{review.rating_comment | nl2br}}}

このレビューにはまだ返信がありません。

Avatar
もっと表示する
もっと表示する
{{ pageNumber+1 }}
あなたの評価を残してください

お使いのブラウザは画像のアップロードをサポートしていません。現代のものを選んでください

いかがでしたか?
1
0
0
0
0
0
0
プクー

プクー

「ボクシング動画配信局」https://box-p4p.comの管理人です。 ボクシングで人生を学びました。

関連する投稿