不屈のLa Zorrita(キツネ)/ウンベルト・ソト

に投稿
シェアしてくださるとうれしい
RSS
Twitter
Visit Us
Follow Me

常に自分自身に挑戦するのが好きなんだ。その頃、家族を助ける唯一の方法がボクシングだった。まともなトレーナーもプロモーターもいなかった。しかし、私は決して辞めず、あきらめなかった。

メキシコの戦士ウンベルト・ソトは、22年のキャリアで2階級の世界タイトルを獲得するまでに成長した。4人兄弟の長男として、1980年5月11日にロスモチスで生まれた。父親はバスの運転手、母親は専業主婦だった。

ソト
「とてもタフな子供時代でした。多くのボクサーと同じように、泊まるところもなく、食べ物もなかった。屋台でタマーリやパンなどを売っていた。食料品の袋詰めの仕事もしていました。家族に食べ物を届けなければならないから、子供の頃から働かなければならなかったんだ。」

7歳のときに祖父からボクシングを習い、ニックネームを付けられた。

ソト
「 タタ(祖父)、フアン・アングロ氏(ご冥福をお祈りします)が、私をアマチュア大会に連れて行ってくれました。そこで、ある子が来なかったんです。私はタタに戦わせてくれるよう懇願しました。その子はあなたを負かすだろう。彼は何度も試合をしているが、お前は一度も試合をしたことがない。お前はボクシングの練習もしていない。

私が強く主張すると、彼は私にレッスンをして戦わせてくれた。試合前にアナウンサーがおじいちゃんに私のことをどう紹介するか聞いて、おじいちゃんが『ゾリタ』って言ったんです。

メキシコのゾリタとは、獲物を待つ動物のように、少し静かに見張っている人のことを指すスラングです。また、「売春婦」のスラングでもあります(笑)女の子を『ゾーラ』と呼ぶと、その子は売春婦ということになります。タタが言うには、私をゾリタと呼ぶのはハンターの意味であって、娼婦の意味ではないそうです(笑)嘘でなければいいんですけどね。」

ソトは、アマチュア時代、地域優勝を果たすなど活躍した。17歳でプロに転向するまでの戦績は52勝8敗。

ソトのプロとしてのキャリアは、メキシコの厳しいサーキットで苦労した。ソトにとって試練の場であり、敗戦もあったが、将来性を見いだすことができた。特に、2002年7月のラスベガスでは、元フェザー級王者のケビン・ケリーと互角の戦いをしたが、10ラウンドの判定で敗れ、物議をかもした。

ソト
「常に自分自身に挑戦するのが好きなんだ。その頃、家族を助ける唯一の方法がボクシングだった。まともなトレーナーもプロモーターもいなかった。しかし、私は決して辞めず、あきらめなかった。」

その後数年間、ソトは13勝を挙げ、負けなしを続けた。2005年、WBC126ポンド王者のチ・インジンが、当時無敵だった2000年のオリンピック選手ロッキー・フアレスとの試合をキャンセルせざるを得なくなったとき、彼は大ブレイクを果たした。

ソト
「ラスベガスのオーリンズ・ホテルで試合をする予定だった。そして、私のマネージャー、アントニオ・ロサダは、WBCがロッキー・フアレスの対戦相手がいないことを知り、ミスター(ホセ)スレイマンと話し、その試合に私たちを推薦しました。私はランキング5位だった。フアレスはその試合を受けた。彼らは私たちのコンディションが100%ではないと考えたのでしょう。」

ソトは、2週間前に予告された試合に出場し、フアレスを驚かせ、3カードとも114-113というきわどい判定で勝利した。

ソト
「あの一戦で、僕は扉を開けたんだ。賞金で、母親に家を買ってあげることができた。」

地元で何度か試合をした後、ソトは130ポンドに転向。2007年11月、アトランティックシティで行われたWBOタイトルマッチでファン・グスマンと対戦し敗れた。

この試合は、ソトにとって難しいスタイルであり、アウトボクシングで圧倒され、判定負けした。しかし、30万ドルというキャリアハイの報酬で報われた。

2008年6月、ラスベガスで行われたマニー・パッキャオVSデビッド・ディアスのアンダーカードでフランシスコ・ロレンソと対戦、ソトはカムバックし、WBC暫定王座を獲得するように見えた。

ソトは、4ラウンドに2度、ドミニカ人ファイターを倒した。しかし、2度目のノックダウンを奪う過程で、膝をついていたロレンソを殴った。ロレンソは試合続行不可能となり、レフェリーのジョー・コルテスはソトを失格にした。

2008年12月、空位のWBC130ポンド王座を賭けて再戦。

ソト
「自分が勝つとわかっていた。ロレンソは、レフェリーに私を失格にさせることができるエンターテイナーだった。」

ソトは3度の防衛戦を行った後、ライト級に転向。元2階級制覇王者ヘスス・チャベスを倒し(UD10)、2010年3月には同じく元タイトリストのデビッド・ディアスを倒し(UD12)、空位のWBC135ポンド王座に就いた。

ソト
「それは美しく、偉大なことだった。世界中には何百万人ものボクサーがいるが、世界チャンピオンに選ばれるのはごくわずかで、私はその中の一人であることを光栄に思っている。」

4度の防衛に成功し、ウルバノ・アンティロン(UD12)という難敵を抑えた。

ソトは、ライト級のタイトルを返上し、ジュニア・ウェルター級に転向することを決意した。メキシコで何度か勝利を収めた後、2012年6月にロサンゼルスのステイプルズ・センターで、危険なパワーパンチャー、ルーカス・マティセと対戦。

ソトは序盤こそ優勢に試合を進めたが、4ラウンドにアルゼンチン人にキャリア初のダウンを喫した。朦朧としたソトは試合続行不可能となり、試合はストップされた。

ソト
「僕の夜じゃなかったんだ。最初の4ラウンドは、僕が勝っていた。マティセと戦ったとき、個人的な問題が起きていて、話したくはないけれど、そのせいで試合に集中できなかったんだ。誤解しないでほしいのは、これが言い訳ではありません。マティセは私より優れていて、言い訳することなく勝利した。もし、はないんだ。」

ベテランとなったソトは、メキシコで5勝をあげ、再びその地位を確立。

2014年9月にラスベガスのMGMグランドで行われたフロイド・メイウェザー・ジュニア対マルコス・マイダナ2のアンダーカードで、ジョン・モリナと対戦する機会が訪れた。

ソト
「マティセ戦の後、多くの人は私が終わった、キャリアは終わったと思っていた。」

10ラウンドのユナニマス判定で勝利。

この勝利により、2015年5月に新星フランキー・ゴメスと対戦することになった。しかし、規律を守らないゴメスは6.5ポンドも体重を超過。ソトはゴメスが水分をあまり補給しない限り、体重制限を上げることに同意したが。結局、ゴメスのチームはこれ以上体重を落とせないと言い、試合はキャンセルされ、ソトは25万ドルの賞金を失った。

1年後に再登場したソトは、当時無敗だったアントニオ・オロスコに敗北(UD10)

その後、2018年3月にスコットランドで新鋭ジョシュ・テイラーと対戦することが決まっていたが、スパーリングでカットし、戦えなくなった。

回復したソトは2戦2勝、元ライト級王者ブランドン・リオスとの対戦。両者ともオールアクションで押し切ったが、10ラウンドのユナニマス判定でソトの狡猾なボクシングスキルが勝った。

その勝利によって、2019年4月にイングルウッドのフォーラムで行われるジェシー・バルガスとの試合が決定。しかし、それはあまりにも遠い橋であることが証明され、誇り高きソトは6ラウンド終了時に足が止まってしまった。

69勝10敗2分(37ノックアウト)の戦績を残して引退。

現在42歳のソトは3人の子供を持ち、今もロスモチスに住んでいて、タクシーやバスを所有し、アマチュアボクサーの指導にあたっている。

ソト
「タクシーは3台、バスは5台あり、市内で使うものと、ビジネス用の車を2台持っています。 時々、私が運転するので、ハンドルを握って仕事をしているのを見ると、みんな驚きますよ。私は仕事が好きなんです。」

ベスト・ジャブ ファン・グスマン

グスマンのジャブは良かった.硬くてガチガチのジャブではなく速いジャブでした。距離を取るためのものだった。

ベスト・ディフェンス グスマン

彼はすごく動き回るんだ。私にとって最もタフな選手でした。

ハンドスピード グスマン

彼は全体的に速かったです。ジャブを打った後、右か左へ移動するんだ。全体的に良いスピードを持っていました。

フットワーク ブノワ・ゴデ

動いてくるし、足の動きも良かったので、タフなファイトだった。彼は足の動きが美しく、その使い方やリング上での動き方を心得ていました。

クレバー フランシスコ・ロレンソ

レフェリーやジャッジを翻弄し、私が失格になったのは、彼の賢さと気の利いたアクションがあったからだ。

屈強 ウルバノ・アンティロン

間違いなく、私が戦った中で最も強いファイターだった。彼はひたすら前に出続けた。身体的に非常に強かった。

ベストチン アンティロン

ブランドン・リオス、アンティロン。私は彼らをボコボコに殴ったが、彼らはまだそこにいた。
アンティロンだと思います。

ベストパンチャー ルーカス・マティセ

ロッキー・フアレスとマティセは、私が最も感じたパンチャーです。打たれたときに、パワーがあるのがわかるんだ。マティセは間違いなく私を本気でノックダウンさせた選手です。彼は間違いなく最もハードなパンチャーだった。

ベストスキル グスマン

82試合も戦っているので、とても難しいです。[注:2004年のホルヘ・ソリスとの試合はノーコンテストに終わったため、ソトの試合数が追加されている]タフな試合をたくさん経験した。ロッキー・フアレス、デビッド・ディアス、ヘスス・チャベスはみんないいボクサーだった。グスマンは非常に優れた完全なボクサーで、強打はなかったが、総合的に優れたボクシング技術を持っていた。

総合 マティセ

マティセが私にしたようなことは誰もしていません。彼は間違いなく、私がリングを共にした中で最高のファイターでした。

魅力的なファイターが多くいる中で、ソトは人気選手ではなかったかもしれないが、いつも中心、いやその脇に、確かなる実力者として長きにわたり君臨し続けていた。

これぞ、メキシカンというべき、タフで粘り強いファイターでした。

日本では、佐々木基樹や中森宏が挑んだが、世界の壁は高かった。

ラストファイトでは、身体はブヨブヨ、頭髪も薄い中年の見た目でジェシー・バルガス相手に全盛期の陰りなく敗れたが、直前まではブランドン・リオスを下すなど、経験値の差だけで負けない狡猾さを保っていた。

地味な風貌、スピードもパワーも脅威とはいえない、しかし総合力が非常に高く、ボクシングの奥義を極めたような熟練のソトは、メキシコの世界王者の96%が辿るといわれる奈落に落ちることなく、80戦以上も戦い、マティセ以外に倒されることなく、第二の人生を順調に過ごしている。

好きなグスマンやマティセを評価しているのがうれしい。
彼らとガチでガンガンやりあったのはメイウェザーではなくソトだった。

パッキャオとやれる資格はあっただろうが、人気に恵まれなかったか。

ウルバノ・アンティロンも、相手がソトでなければ世界王者になれていたかもしれない。

個人的に、ウンベルト・ソトから学んだ事は多く、重鎮でした。

シェアしてくださるとうれしい
RSS
Twitter
Visit Us
Follow Me
{{ reviewsOverall }} / 5 ユーザー (0 投票)
評価
みんなの意見 あなたの評価を残してください
順序:

最初にレビューを残してください。

User Avatar User Avatar
確認
/ 5
{{{review.rating_comment | nl2br}}}

このレビューにはまだ返信がありません。

Avatar
もっと表示する
もっと表示する
{{ pageNumber+1 }}
あなたの評価を残してください

お使いのブラウザは画像のアップロードをサポートしていません。現代のものを選んでください

いかがでしたか?
0
0
0
0
0
0
1
プクー
「ボクシング動画配信局」https://box-p4p.comの管理人です。 ボクシングで人生を学びました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)