ユーリとパッキャオの狭間で/チャチャイ・サーサクン

シェアしてくださるとうれしい
RSS
Twitter
Visit Us
Follow Me

そんな時代の本格派タイ人王者チャチャイ・サーサクンは、しかしその後キャリアを続け69戦65勝40KO4敗まで現役を続けた。

タイのチャチャイ・サーサクンはムエタイで大活躍した後、アマチュアに転向。その後、プロとしてWBCフライ級王座を獲得。王座に君臨し続けるかと思われたが、当時無名だったマニー・パッキャオと対戦した。

4人兄弟の長男として生まれたサーサクンは、1970年2月5日にタイのナコンラチャシマで生まれた。

サーサクン
「とても貧しかった。父はタイ港湾局の配達ドライバーをしていました。母は果物やデザートを売ったり、家の世話をしなければなりませんでした。」

サーサクンは早くから格闘技に親しんできた。
「父がムエタイを見るのが好きで、僕に試合をさせたかったんだ。7歳でしたが、格闘技はまったく好きではありませんでした(笑)」

トレーニングは過酷だった。

サーサクン
「朝5時に起きて走り、7時に学校へ行く。午後3時に学校から帰ってきて、午後6時までボクシングの練習をして、家に帰ってシャワーを浴びて、食事をして、午後8時に寝る。他の子供たちのように遊ぶことはなかった。」

ムエタイの試合を150試合ほどこなした後、ボクシングに転向することを決意し、アマチュアとしてスタートを切った。

サーサクン
「16歳までムエタイをやって、それから初めてアマチュアボクシングの世界に入ったんだ。大会では金メダルを獲得し、タイ代表にもなれた。多くの大会に出場してきました。インドネシアとマレーシアでSEA Gamesの金メダルを2つ獲得しました。北京のアジア大会では銀メダル。韓国のソウルで開催されたオリンピックにも出場しました。」

オリンピックでは2戦2勝だったが、準々決勝でロバート・イサスゼキに3対2で敗れた。

帰国後、1989年と1990年にタイのバンコクで開催された権威あるキングスカップで金メダルを獲得。”ベスト・ボクサー・オブ・ザ・トーナメント “を受賞した。

1991年8月、バート・レフジオを1ラウンドでノックアウトし、約20万バーツ(約5,600ドル)を稼いだ。

サーサクンは早くから世界タイトルの可能性を秘めた選手として注目されていた。わずか4戦目でリック・マグラモをストップ(TKO8)し、WBC地域王座を獲得。さらに、将来の世界タイトル挑戦者アレクサンダー・マフムトフ(UD12)元WBCジュニアフライ級王者ロランド・パスクア(UD12)にも勝利。

20勝0敗で迎えた1995年9月、プロとして初めて海外に渡り、日本の東京でWBCフライ級王者のユーリ・アルバチャコフと対戦。

サーサクン
「生まれて初めての世界チャンピオン決定戦だった。この試合にはとても興奮していた。トレーニングしすぎた。3カ月間練習したけど、とてもきつかった。リングの上では、考えることはできても行動することができない。そのせいであの日は負けてしまった。彼は美しいスタイルでとてもキレがあった。」

サーサクンはウィナーズ・サークルに返り咲き、何度も勝利を重ねた。1996年夏、アルバチャコフは右手を負傷し、15ヶ月の療養生活を送った。王座を維持するため、WBCは1997年5月、サーサクンと鉄の顎を持つイサイアス・サムーディオをマッチアップさせた。サーサクンは12回判定でWBCフライ級暫定王座を獲得。後のWBOジュニア・フライ級王者フアン・ドミンゴ・コルドバ(RTD 7)を相手に1度防衛戦を行った。

その後、治癒したアルバチャコフを相手に王座を固める時が来た。1997年11月、日本のプロモーターがこの試合を札幌で開催した。サーサクンがファイターとして成長し、上昇気流に乗っていたのに対し、アルバチャコフは長期欠場から復帰し、かつてのファイターではなかった。

サーサクン
「今回は1ヵ月半しか練習しなかったので、トレーニングは軽かった。試合当日はリフレッシュした気分で臨み、成功することができた。キャリア最高の賞金はアルバチャコフ戦の22万ドルだった。お祝いもあって1週間ほどプーケットに行ったよ。」

サーサクンはその後、キム・ヨンジン(UD12)とチャン・ヨンスン(TKO5)を相手に2度の防衛に成功。そして1998年12月、10代のマニー・パッキャオと対戦。スコアカードではタイ人が優勢だったが、パッキャオは攻め続け、最終的に勝利を手にした。

サーサクン
「家族との問題があって、トレーニングに身が入らず、彼を過小評価していた。パッキャオの試合テープを見て、勝てると思ったけど、それは間違いだった。彼はとても強い精神力を持っていて、あきらめなかった。私は生き残れると思っていた。彼は攻めてきて、激しくパンチを打ってきた。第4ラウンドの後、私は疲労を感じ、何とか乗り切ろうとしたが、うまくいかなかった。8ラウンドで彼に負けた。彼に殴られて意識を失い、更衣室で正気に戻ったんだ。でも今となっては彼と戦えたことを誇りに思う。」

その後10年間、サーサクンは現役を続け、1試合を除いてすべて勝利を収めた。2008年8月、メキシコのモンテレイでWBA/WBCジュニア・バンタム級王者クリスチャン・ミハレスと対戦。

サーサクン
「タイを出発した飛行機は香港で乗り継いだのですが、暴風雨で飛行機が飛べなくなったんです。香港で2日間立ち往生した。またタイに戻って1泊し、航空会社を変えなければならなかった。今回のフランクフルトでの乗り継ぎは9時間の待ち時間があり、その後メキシコへ。そして試合が行われた都市へ移動。到着して記者会見をして、翌日は計量、そして試合当日。この試合のために、私は年をとった。準備はしてきたけど十分じゃなかった。チャンピオンは若くて、とてもいい選手だった。」

サーサクンは2ラウンドと3ラウンドでダウンを喫し、3ラウンドで試合は止められた。

前チャンピオンは引退するまでもう1度戦い、65勝40KO4敗の戦績を残した。引退後、当初はレストランを開いていたが、現在は “サーサクン・ジム “を経営している。WBAストロー級王者ノックアウトCPフレッシュマートと元WBC同級王者パンヤ・プラダブスリはともに彼のジムでトレーニングしている。

サーサクン
「今は新しい世代のボクサーを作ることに集中しているし、教えることを楽しんでいます。」

現在53歳のサーサクンは結婚して4人の子供がおり、バンコク郊外のパトゥムタニに住んでいる。

ベスト・ジャブ ユーリ・アルバチャコフ

優秀なアマチュア出身でジャブが要。強いジャブを持っていてとても痛かった。

ベスト・ディフェンス イサイアス・サムーディオ

背が低く、腕を上げていて、あごの前に隙を与えなかったのでクリーンなパンチを出すのが難しかった。

ハンドスピード マニー・パッキャオ

彼はハードワーカーで、パンチのスピードが速い。多くのパンチを連発した。

フットワーク アルバチャコフ

彼のアマチュアの血統が重要だった。彼はロシア代表チーム出身だ。彼のフットワークはとても自然だった。

クレバー パッキャオ

彼はオフェンシブなのにディフェンスがうまくいつでも攻撃できる。彼は熱く戦えるし、アクションをコントロールできる。出入りがうまい。

屈強 パッキャオ

他のフライ級よりも力強かった。強い意志を持っていて1ラウンドの最初から私を攻めた。

ベストパンチャー パッキャオ

パンチをもらうたびに痛かった。

ベストチン ザムーディオ

何度もクリーンパンチを打ったけど何の影響も見せなかった。

ベストスキル アルバチャコフ

美しいスタイルだった。動きとジャブには感心させられた。ミスをしたときには鋭い右で仕留めた。

総合 パッキャオ

ボクシングのスタイルは人それぞれ。マニーは決まったフォームを持っているわけではなく、試合を通してそれを適応させようとしている。彼のハートはすべてと戦っている。パンチはパワフルだし、規律正しいアスリートだ。私たちが戦ったとき、彼は19歳だったが、この試合が彼を成長させた。彼はトレーニングに明け暮れ、その意志でジュニア・ミドル級まで世界タイトルを獲得した。世界最高のボクサーの一人だった。

タイ人はあまり記事にならないので貴重な記録だ。
そしてこの頃、日本で断トツだったのはユーリだが、一番ボクシングが好きだった時代かもしれない。

チャチャイ・サーサクンは多くのタイ人ボクサーの中でも洗練されて総合力が高く、ユーリとの初戦でも手ごわく、再戦でリベンジするほどの才能だった。故障明け、モチベーションの低下、なぜか札幌、などユーリがかつての状態ではなかったのかもしれないが、ユーリ本人がこれを否定している。

それほど、チャチャイは異能のタイ人でソウルオリンピックでも2勝というアマチュアエリートだったのだ。

ちなみにソウル五輪には最軽量級のLフライ級で出場
銀メダルにマイケル・カルバハル
チャチャイに勝ったロバート・イサスゼキは銅メダルとなっている。

世界選手権を制したユーリも出場するはずだったが、ボクシングの政治により道が閉ざされ、その時にロシアフライ級を代表したのがティモフェイ・スクリアビンという選手で銅メダルを獲得している。

レノックス・ルイス、リディック・ボウのあの大会だ。

初戦が猛練習の果てに敗れ
再戦は軽いトレーニング、リフレッシュした気分で臨み、成功することができた。というのは面白い。
オーバーワークで失敗する例が日本でもいくつかあった。

ユーリを下し、本格派の道をいくとおもわれたチャチャイは、しかし後の巨人、マニー・パッキャオに全てを奪われる。当時無名のパッキャオは体重を作れず、チャチャイの同胞、メッグン・3Kバッテリーにあっけなく敗れた。

時のいたずら、偶然、すれ違いなどがなければ

ユーリ・アルバチャコフVSマニー・パッキャオ

が実現していたかもしれない。

そんな時代の本格派タイ人王者チャチャイ・サーサクンは、しかしその後キャリアを続け69戦65勝40KO4敗まで現役を続けた。

シェアしてくださるとうれしい
RSS
Twitter
Visit Us
Follow Me
{{ reviewsOverall }} / 5 ユーザー (2 投票)
評価
みんなの意見 あなたの評価を残してください
順序:

最初にレビューを残してください。

User Avatar User Avatar
確認
/ 5
{{{review.rating_comment | nl2br}}}

このレビューにはまだ返信がありません。

Avatar
もっと表示する
もっと表示する
{{ pageNumber+1 }}
あなたの評価を残してください

お使いのブラウザは画像のアップロードをサポートしていません。現代のものを選んでください

いかがでしたか?
1
0
0
0
1
0
0
プクー

プクー

「ボクシング動画配信局」https://box-p4p.comの管理人です。 ボクシングで人生を学びました。

関連する投稿