ソウェトの薔薇/ディンガン・トベラ

シェアしてくださるとうれしい
RSS
Twitter
Visit Us
Follow Me

どんなファイターでも階級を超えることはできる。俺がライト級を制覇したとき、人々は俺が献身的ではなかったと言い出した。俺はまだ自分の仕事を愛していた。最高のファイターたちとまだ戦えることを証明したかったんだ。

ディンガン・トベラは1990年代初頭にライト級のタイトルを2度獲得している。それだけでなく、驚くべきことに2000年にWBCスーパー・ミドル級王座を獲得し、この粘り強い南アフリカ人選手がキャリアに終止符を打ったのは、階級が上がってからのことだった。

父方の8人兄弟の3番目としてトベラは、1966年9月24日に南アフリカのソウェトで生まれた。

トベラ
「ソウェトのおかげで今の俺がある。タフなゲットーの出身なんだ。貧困という意味でタフだった。生後3カ月で母に捨てられた。父方の祖母のところに連れて行かれた。母は俺を育てることができなかった。祖母が俺を育ててくれた。」

トベラは学校を卒業し、教師になりたかった。しかし人生には別の道があった。

トベラ
「俺は年長者にいじめられていて、ボクシングは身を守るための手段だった。」

トベラはノーマン・フラベーンの指導の下、すぐに優秀な成績を収めた。

トベラ
「ノーマンは俺を信頼してくれました。ノーマンは俺をアマチュアの世界に放り込んでくれた。彼は俺が巧みでそのような連中を相手に自分自身を扱うのを見ていた。」

トベラはアマチュアとして80勝3敗、1986年6月にプロに転向する前にナショナルタイトルを獲得している。

トベラ
「クイントン・ライアンという男と戦った。彼はすでにナショナルタイトルを獲得する予定だった。報酬は40レアル(当時のレートで約16ドル)だった。ノーマンは俺を指導してくれた。彼は俺と一緒に口座を開設しに行ったんだ。」

トベラは13戦目でムピセカヤ・エムバドゥリを8ラウンドでストップし、ナショナル・ジュニア・ライト級タイトルを獲得した。その2試合後、WBAタイトル保持者ブライアン・ミッチェルの元敵とマッチアップし始め、トベラはまずダニエル・ロンダス(MD10)、次にダニロ・カブレラ(TKO3)、そしてフェリペ・オロスコ(TKO10)と順番に退けた。

トベラ
「フェリペ・オロスコは背が高くて、厄介なサウスポーで、ジャブがすごかった。彼はブライアンと戦い、ブライアンを苦しめ、ブライアンが彼に負けたと言う人もいた。オロスコと戦ったとき、みんなは俺がポイントで劣っていると言っていたみたいだけど、10ラウンドで彼を止めたんだ。自分を励ましてくれて、背中をポンと叩いてくれて、何をすべきかを教えてくれるコーナーマンがいるのは常にいいことだ。トレーナーのノーマン・フラベーンが強調していたのは、『今、全力で行け』ということだった。みんな、おまえが遅れていると思っている』俺は彼のところに直行して、爆弾とパワーショットを投げ始めた。」

これらの勝利は、現在ライト級でキャンペーンを張っているトベラを、世界タイトル戦に向けて前進させるのに役立った。しかし、その前に、1990年4月の米国デビュー戦で、WBO135ポンド王者マウリシオ・アセベスとノンタイトルで対戦することになった。

トベラ
「みんな俺を過小評価していた。でもリングに上がったら状況は一変した。最初の試合では(アセベスが7ラウンドでリタイアしたため)俺が勝ったが、当時は世界タイトルマッチとして公認されていなかった。俺は彼を倒し、WBOは(アセベスが)俺と防衛戦をしなければならないと言った。」

ソウェトの薔薇は翌年9月、テキサス州ブラウンズビルでベルトを懸けてアセベスと再戦

12ラウンドのスプリット判定で勝利した

「2回目のほうが自信があった。彼が世界チャンピオンだと知っていたから、俺は彼を過小評価しなかった。準備は万全だった。彼は強くて、俺のパンチをすべて受け止めてくれた。何発かいいパンチをもらったよ。」

その後、メキシカンのマリオ・マルティネス(UD12)、元IBFフェザー級王者のアントニオ・リベラ(UD12)を下して王座防衛。しかし、トベラはより高い評価を求めて王座を返上した。

トベラ
「WBOはまだ新しい組織だった。俺はアフリカで最初のWBOチャンピオンだった。」

ミッチェルとの対戦が噂されたが、実現しなかった。

トベラ
「俺はそれを望んでいた。ブライアンも望んでいたと思う。残念ながら、プロモーターのロドニー・バーマンが望んでいなかったのさ。」

動揺することなく、トベラは前進しミッチェルの足跡をたどってトニー・ロペスとWBA王座を争った。

トベラ
「あれは白昼強盗だ。俺は試合に負けたのではなく勝ったのだ。俺たちは彼の地元で戦い、地元での判定だった。WBAのジルベルト・メンドーサでさえ不満で、即刻再戦を要求してきた。」

トベラは再戦の前に、後に大統領となるネルソン・マンデラから電話も受けた: マンデラは『この試合は必ず勝たなければならない』と言っていた。

トベラの後援者たちは、ロペスにサクラメントの居心地のいい場所を離れ南アフリカに向かうよう説得することができた。

トベラ
「サクラメントで起こったことの繰り返しだったけれど、今はみんなが見ている。何千人ものアリーナ、何百万人もの国中の観衆の前で世界タイトルを獲れたのは素晴らしかった。あの試合は今でもみんな覚えているよ。」

トベラは初防衛戦で、ほとんど無名のオルズベク・ナザロフにタイトルを奪われた(UD12)彼のチームは再戦のためにナザロフを呼び戻したが、またもや12ラウンド全会一致の判定負けを喫した。

数カ月間、試合から遠ざかっていたトベラは、イギリスのジュニア・ウェルター級で、当時11勝22敗2分で2010年に16勝142敗7分の戦績で引退することになるジャーニーマン、カール・テイラーと対戦した。この試合は、トベラにとってタイトル戦線への足がかりとなるはずだったがトベラはとんでもない事態に見舞われた。

トベラ
「ロンドンへ行けと言われたんだ。ロンドンに行ってカール・テイラーに勝つと確信していた。俺は勝つために十分なことをしたと思っていたし彼らが手を挙げるのを見た。ジャッジが決めることだからアスリートとして(負けを)受け入れなければならなかった。」

それから数年、トベラの体重は増え始め、彼のキャリアは方向性を見失った。そこそこの勝利を重ねた後ジェフ・マクリーシュ(TKO2)、ウィリー・ワイズ(SD12)とのウェルター級戦で敗れた。転落の兆候に見えた。

しかし、1997年に同国人のゲーリー・マーレイをストップ(TKO4)し1年後には後のリング/WBCウェルター級王者カルロス・バルドミールとドロー(D12)するなど、かつての才能の片鱗は見せていた。その後トベラは体重調整に深刻に悩むようになりスーパーミドル級で戦うようになった。

トベラ
「どんなファイターでも階級を超えることはできる。俺がライト級を制覇したとき、人々は俺が献身的ではなかったと言い出した。俺はまだ自分の仕事を愛していた。最高のファイターたちとまだ戦えることを証明したかったんだ。」

同門のスーン・ボーテズ(MD12)に勝利したことで、トベラは168ポンドで世界タイトルに挑戦できるとバーマンを説得した。バーマンは2000年9月、最近WBCタイトルを獲得したグレン・キャトリーを南アフリカに連れてきた。バーマンは2000年9月、WBC王座に就いたばかりのグレン・キャトリーを南アフリカに呼び寄せた。

トベラ
「みんなはすでに俺を見限っていた。キャトリーはタフで強いサウスポーのマーカス・バイヤーに大勝した後だった。あの男を倒した後、次に彼と戦うのは俺だと想像してみてほしい。怖かったかもしれないけど自分の技術を信じていた。みんなは俺がスーパーミドル級で戦えるとは思っていなかったけど俺はジムでハリー・サイモンとシュガーボーイ・マリンガという2人のトップファイターとスパーリングして自分を試したんだ。俺は彼らを扱うことができた。みんなは、俺が熱心でないことを理由に、体重を増やすことを信じなかった。」

トベラはいいパフォーマンスを見せたが、試合の大半は勝っているようには見えなかった。試合終了間際、トベラはディフェンディングチャンピオンに揺さぶられストップを狙って前に出た。しかしキャトリーは疲れはじめ殺人アッパーに捕まって痛打。続く右の連打でキャンバスに倒れ込んだ。よろめきながら立ち上がったキャトリーはレフェリーに救われた。

トベラ
「忘れもしない、とても接戦だった。みんな俺がビハインドだと言っていた。俺は彼を落とし、残り7秒で試合を止めた。人生を好転させたんだ。素晴らしかったよ。」

トベラは統一戦でIBF王者のスベン・オットケと対戦すると噂されていた。それが実現しなかったためトベラは代わりにカナダでデイビー・ヒルトンと対戦し物議を醸す12ラウンドのスプリット判定負けを喫した。ヒルトンが刑務所に収監された後トベラは空位の王座を賭けて同じカナダ人のエリック・ルーカスと対戦したが、8ラウンドでストップされた。

その後ミケル・ケスラーやルシアン・ビュテといった将来のタイトリストのゲートキーパー的存在となったが、2006年10月に宿敵ボーテズに敗れ(10回TKO)40歳で引退した。

トベラは現在もボクシングに携わっている。故レーロ・レドワバが亡くなる前2人はソウェトで「Hitachi」というジムを一緒に経営していた。彼の昔のトレーナーであるフラバネは現在ジムの日常業務を担当している。トベラは葬儀社も経営している。

現在57歳のトベラは離婚し4人の子供がいてヨハネスブルグに住んでいる。

ベスト・ジャブ オルズベク・ナザロフ

長くて厄介なジャブだった。ちょうどそこ(顔面)にあった。ダメージはなかったけど、俺の得意な動きが遅れた。

ベスト・ディフェンス マウリシオ・アセベス

アセベスにクリーンパンチを当てるのは簡単じゃなかった。彼とは2度戦った。彼は相手を寄せ付けない。踏み込んだとき、彼はいないから自分のショットを打つことができない。

ハンドスピード マリオ・マルティネス

とても正確だった。彼は無限にパンチを放ち、とても忙しかった。俺を休ませてくれなかった。

フットワーク アントニオ・リベラ

とても巧みだった。彼のフットワークは鋭角的で、それに引っかかったときの左が鍵だった。左が当たれば逃げられることを知っていた。

クレバー トニー・ロペス

とても狡猾で、とても賢い。

屈強 グレン・キャトリー

とても強く、たくましかった。体重計に飛び乗って彼を見たとき、そのパワーを感じたよ。

ベストパンチャー ジェフ・マクリーシュ

俺を捕まえたのは彼だ。あのパンチは見えなかった。彼はダウンしていたし、グロッキー状態だった。俺はストレートで狙ったが、そこでアゴを吊り上げてしまい、その代償を払うことになった。

ベストチン ムピセカヤ・エムバドゥリ

後で止めたとはいえ、彼はパンチをたくさん食らった。それで彼は消耗してしまった。彼は俺のパンチをすべて受け止めて反撃してきた。

ベスト・スキル トニー・ロペス

リベラ、アセベスはとても巧かった。リベラはアゴを狙ってきて左で受け止めることができた。試合を受けたとき、彼の左を見なければならないと思った。

総合 オルズベク・ナザロフ

ロペスも素晴らしかった。俺はナザロフに2度負けている。彼はリーチの長さとサウスポーの構えの良さを生かし、それが功を奏した。

キルギスの狼/オルズベック・ナザロフ

最強の無名という運命/オルズベック・ナザロフ

ディンガン・トベラを語る上でオルズベック・ナザロフは外せない。

トベラ自身は南アフリカ最高の逸材で、トニー・ロペス戦の出来から、ブライアン・ミッチェルにも勝てたかもしれなかったが
当時無名のオルズベック・ナザロフには歯が立たなかった。

それでもナザロフをダウンさせたり、不遇なキャリアで終わったナザロフにとっては日本時代とはレベルの違う強豪だったことだろう。

ナザロフ
「トベラのボクシングはレベルが高かった。トベラが一番と感じたのは、最初の世界タイトルマッチだったからかもしれません。対戦相手をすべて倒したので私こそベストです(笑)」

ライト級でナザロフに負けて、トベラのキャリアも終わりかとおもいきやSミドルで世界王者に返り咲いた。これは珍記録だが、強い者は強いのだ。才能は消えたりしない。

トベラのような男がアフリカから出てくることは難しくなってきている気がする。素質だけでは乗り越えられないボクシングの科学が、より明確になってきた。

それを最初にみせつけたのがオルズベック・ナザロフであり、さながら今の井上尚弥のごとき鬼人のような強さだったが、ロシア人という不遇からいつも試合はアウェー、世界王者のまま日本に見切りをつけて遠くフランスへ。

そこで試合中に相手のサミングに合い、敗北、引退、失明となった。

2度負けたトベラはそれから階級を4つも上げて世界王者に返り咲いた。

イーグルと八重樫の対比もそうだが、明日に何が待ち受けているのかわからないのがボクシングという人生だ。

シェアしてくださるとうれしい
RSS
Twitter
Visit Us
Follow Me
{{ reviewsOverall }} / 5 ユーザー (0 投票)
評価
みんなの意見 あなたの評価を残してください
順序:

最初にレビューを残してください。

User Avatar User Avatar
確認
/ 5
{{{review.rating_comment | nl2br}}}

このレビューにはまだ返信がありません。

Avatar
もっと表示する
もっと表示する
{{ pageNumber+1 }}
あなたの評価を残してください

お使いのブラウザは画像のアップロードをサポートしていません。現代のものを選んでください

いかがでしたか?
0
0
0
0
0
0
0
プクー

プクー

「ボクシング動画配信局」https://box-p4p.comの管理人です。 ボクシングで人生を学びました。

関連する投稿