チェミート(亡霊)/アンセルモ・モレノ

シェアしてくださるとうれしい
RSS
Twitter
Visit Us
Follow Me

その頃、私は多くの優れたバンタム級選手と対戦していましたが、山中が一番パンチが強かったです。自分がキャンバスに倒れても、山中のパンチはまだ深く届いていないと感じました。

アンセルモ・モレノは、技術力とディフェンス力に優れ、WBAバンタム級王座に6年3カ月もの間君臨し続けた。この間、才能あるパナマ人はしばしば遠征し、12回の防衛に成功した。

モレノは1985年6月28日、パナマシティのサン・ミゲリート地区にあるエル・マルティーリョで生まれ育った。

モレノ
「私が生まれたとき、両親は離婚した。私を入れて15人(子供)9人の男の子と6人の女の子がいました。母はとても忙しく、父はずっとダリエン県で漁師をしていた。エル・マルティージョではとても幸せでした。サッカーやバスケットボールで遊び、毎日他の子供たちと喧嘩することが楽しみでした。地味だけど、とても楽しい子供時代を過ごしたよ。」

モレノはボクシングに興味はなかったが、7歳の時にボクシングに出会った。

モレノ
「体を鍛え、リングに上がって戦うことは好きだった。他のスポーツやゲームも楽しんでいたよ。エキシビションファイトでは、試合後にファンがリングにお金を投げ入れたこともあった。それが自分の生きる道だと思ったんだ。」

モレノは “アブレボカス”(子供たちがプロのカードで3ラウンドの試合をすること)の試合から始め、アマチュアとしていくつかの国内タイトルを獲得し、160試合も戦い、負けたのは12回だったという。

パナマには強力なアマチュア組織がないため、「チェミート(亡霊)」は16歳でフライ級としてプロに転向し、2002年3月にフセイン・サンチェスを4ラウンドで下した。

2002年10月、モレノは8戦目のリカルド・モリナ戦(SD4)で無敗記録を失った。しかし、モリナにリベンジを果たし(TKO9)、10ラウンドでアウトポイントして全米115ポンド王座を獲得するまで、4勝で復帰を果たした。

バンタム級に転向したモレノは、元IBFジュニアバンタム級王者フェリックス・マチャド(UD10)、将来のWBC115ポンド王者トマス・ロハス(UD10)、3度の世界タイトル挑戦者リカルド・バルガス(TKO1)に勝ち、経験を積んだ。

2008年5月にドイツに渡り、ウラジミール・シドレンコを下し、WBAバンタム級タイトルを獲得した。

モレノ
「美しい思い出だ。シドレンコは、私のチームメイトのリカルド・コルドバと2度引き分けているので、彼の国で彼を倒すことは、とても意味があった。あの勝利が私の経済状況を変えることは分かっていたが、母国で思いがけない評価を得たことで、扉を開けたのだと理解した。」

シドレンコを再戦で返り討ちにし(SD 12)、元ジュニアフェザー級王者マヤル・モンシプールをアウトポイント(SD 12)、ジュニアフェザー級王者ネオマール・セルメニョを2度破り(SD 12/SD 12)、元フライ級王者ロレンゾ・パーラをストップ(RTD 8)し元世界2階級タイトル保持者ヴィック・ダルチニヤンに見事勝利(UD 12)長い統治の始まりとなった。

モレノ
「そう多くの人が言えることではない。王様になったような気分で、王様であり続けたいと思う。だから、何度もベルトを防衛するモチベーションが湧いたんだ。」

2012年11月、タイトルマッチの最中にジュニアフェザー級にステップアップし、ロサンゼルスのステイプルズ・センターでWBCタイトルホルダーのアブネル・マレスと対戦する機会が与えられた。

モレノ
「バンタム級で何度も防衛していたんだ。バンタム級のチャンピオンであり続けるために、私はあまりにも自分の体を犠牲にしてしまった。マレス戦はゴールデンボーイのカードで、パナマのゴールデンタイムにテレビ放映された。いい試合だったし、有名なチャンピオンとの対戦は最高だった。」

しかし、それはあまりにも大きなハードルで、モレノは12ラウンドのユナニマス判定で敗北。バンタム級に戻り、2014年9月に当時無敵だったフアン・カルロス・パヤノに敗れ去るまで、さらに2度の防衛を果たした。

モレノ
「パヤノはいいファイターだったが、対戦相手の中ではベストの部類ではない。バンタムに戻すのは簡単じゃなかった。偶然のヘッドバットでカットされ、彼のコーナーは試合が6ラウンドになるまで全力投球する戦略をとり、彼らはテクニカル判定を得た。」

モレノはパヤノとの再戦を果たせずキャリアを重ねることになった。長くバンタム級王座に君臨していた山中慎介にスプリット判定で敗れ、再戦では7ラウンドでストップされた。

モレノ
「最初の試合は明らかに私の勝ちだったと思う。再戦では、彼をノックアウトしなければならないと思っていた。だから2戦目は作戦が違って4ラウンドで全力を尽くして彼からダウンを奪った。僕と山中にとって、とてもとても重要な試合だということを意識していたよ。」

モレノはジュニアフェザー級に戻したが、フリオ・セハ(KO3)に完敗。2年間の休養を経て、2019年にフェザー級で復帰。以来、4連勝を飾っている。

モレノ
「私はもう36歳の老人だ。目標は、もう一度世界チャンピオンになり、2年以内にできるだけ多くの防衛戦を(行う)ことだ。もし、タイトルマッチのチャンスを得て、負けたらすぐに引退するけど、ベルトを獲って防衛できるような気がする。」

モレノは土曜日、パナマで開催されるWBA「KO to Drugs Festival」のメインイベントで、セサール・ラミレスとの対戦で復帰する予定だ。このショーは彼の妻がプロモートしている。

モレノはマネージャー兼プロモーターのルース・ラグーナと結婚している。夫妻には2人の子供と以前の交際相手からそれぞれ1人ずつの子供がいる。

ベストジャブ トマス・ロハス

あの試合は、みんな退屈な試合だったと言っている。私は短い距離でパンチを避けるエキスパートですが、あの時は攻めるしかありませんでした。ロハスは長い腕とスピードのあるジャブで長い距離を保っていたんだ。

ベスト・ディフェンス ネオマール・セルメニョ

セルメニョにパンチを当てるのは簡単ではなかった。彼は無敗で暫定王者だった。当時は、自分のディフェンスレベルにあった相手にはなかなか出会えなかった。

ハンドスピード セルメニョ

もう一度、セルメニョ。1戦目はかろうじて勝てたんだ。2戦目は一方的でしたが、どちらも速いリズムの中で非常にテクニカルなファイトでした。

フットワーク リカルド・モリナ

最初の敗戦は、チームメイトのリカルド・”ティト”・モリナとの対戦でした。彼はその夜、私よりもリングを上手に歩いた数少ないファイターの一人だった。アブネル・マレスはフットワークが良かった。

クレバー フェリックス・マチャド

世界チャンピオンになったばかりだった。はっきり勝ちましたけど、いろいろと勉強になりました。いくらベテランでも、トップクオリティーの経験豊富な相手は、自分より早く考え、反応できることを学びました。本物のチャンピオンになるには、まだ何戦もしなければならないのだと実感しました。

屈強 ヨーグリ・エレラ

一方的に殴ったが彼はすべて抵抗した。

ベストチン ロリー・ルナス

ルナスの顎を十数回捕らえたが、一度もダウンしなかった。

ベストパンチャー 山中慎介

間違いなく山中です。その頃、私は多くの優れたバンタム級選手と対戦していましたが、山中が一番パンチが強かったです。自分がキャンバスに倒れても、山中のパンチはまだ深く届いていないと感じました。マレスはいいパンチをする選手だった。

ベストスキル セルメニョ

私はチャンピオン経験者と多く対戦しました。モンシプール、シドレンコ、マレス、セルメニョ。セルメニョと言いたいね。

オールラウンド アブネル・マレス

負けたことを言い訳にできない。彼はおそらく、あの瞬間に対戦した中で最高の選手だと思っています。マレスは私をロープに追い詰め、良いパンチとスピード、そして良いディフェンスを持っていました。彼は10年ぶりに私を倒した選手です。

パナマに勝ったら一流だ

はファイティング原田の言葉だったか、ガッツ石松の言葉だったか。

ロベルト・デュラン
イスマエル・ラグナ
イラリオ・サパタ
セレスティーノ・カバジェロ
ルイス・コンセプション
ジェスリル・コラレス

タイプは違えど、皆個性があり、超一流で、パンチも強く、アジア人にはない柔軟さがあり、鬼門すぎた。

アンセルモ・モレノもまさに、パナマ特有の軟体テクニシャンで、バンタム級に長く君臨し続けた。長谷川穂積との対戦は実現しなかった。山中が生涯のベストとしているが、実質1勝1敗の五分だろう。2戦目は完全決着といえる内容だったが。

あわせて読みたい
腐敗に散った孤高/ゴッドレフト(神の左)/山中慎介 フェアな戦いがしたかった。反則なしでネリーと戦いたかった。ネリーのスキルやパンチ力など正確なことはわかりません。まともな状況ではなかったからです。今後も体重...

レジェンドでも、未だ現役のモレノ。ディフェンスの名人に加齢は厳しいが、そんなにひどく打たれてないので、まだまだ鬼門として活躍できるかもしれない。

シェアしてくださるとうれしい
RSS
Twitter
Visit Us
Follow Me
{{ reviewsOverall }} / 5 ユーザー (0 投票)
評価
みんなの意見 あなたの評価を残してください
順序:

最初にレビューを残してください。

User Avatar User Avatar
確認
/ 5
{{{review.rating_comment | nl2br}}}

このレビューにはまだ返信がありません。

Avatar
もっと表示する
もっと表示する
{{ pageNumber+1 }}
あなたの評価を残してください

お使いのブラウザは画像のアップロードをサポートしていません。現代のものを選んでください

いかがでしたか?
2
0
0
0
0
0
0
No tags for this post.
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「ボクシング動画配信局」https://box-p4p.comの管理人です。
ボクシングで人生を学びました。

5 1 投票
記事の評価
通知
guest
1 コメント
最も古い
最新 投票多い
インラインフィードバック
すべてのコメントを表示
リゴンドー弓矢を 携えた狩猟者

モレノ山中の試合を見て、技術でハードパンチに対抗し、クリーンヒットを許さずダウンまで奪うボクシングの奥深さを知ったものです。

彼のクリーンヒットを許さない技巧からアート作品のイマジネーションも貰えました。

モレノに関する 文章がなかったので有難いです ◎

マレスの試合は階級が上だったんですね。
パヤノの試合の敗因もなるほどと思いました。

日本に来た時は 足の部分が衰えていたように見えましたが技術は ハイレベルで、 何度も 見直すほど見応えがあります。

モレノ選手には判定のことを謝るのと、素晴らしいボクシングを見せて ボクシングの世界を広げてくれてありがとうと言いたいです

目次
閉じる