ヒットマンたるもの/トーマス・ハーンズ

に投稿
シェアしてくださるとうれしい
RSS
Twitter
Visit Us
Follow Me

それは今でも私を悩ませています。今でも思い出しますし、やり直したいと思っています。

トーマス・ハーンズは、1980年代の大人気ボクサーで、スピード、パワー、テクニックの驚くべき融合を生み出した。何よりも、シュガー・レイ・レナード、マービン・ハグラー、ロベルト・デュランらとの激しいライバル関係が彼を伝説的なボクサーにした。

「ヒットマン」として知られるハーンズは、6フィート1の長身で、5階級で 6つの世界タイトルを獲得した。有名な4キングスの最も爆発的なパンチャーは、ウェルター級からミドル級までのエリートレベルのボクサーパンチャーであり、世界クラスのライトヘビー級として競争するのに十分なリングIQを持っていた。

ハーンズは 1958 年にテネシー州メンフィスで生まれた。大家族で育ち、子供の頃にデトロイトに引っ越した。

9歳のハーンズはボクシングに出会った。アマチュアとして成功を収め、155勝8敗の記録を残し、1975年にはゴールデングローブトーナメントで優勝したが、1976年は鼻の怪我のために米国のオリンピックチームに選ばれなかった。その年の後半にプロに転向

ハーンズはアマチュアではKO率の低い純粋なアウトボクサーだったが、急速に成熟した体、パンチ力のために構築された体格、コーチのエマニュエル・スチュワードによって教えられた適切なプロのテクニックのおかげで、すぐにパワーで評判を得た。ハーンズは、2年半足らずで 28回戦い、2回を除いてすべてノックアウトで勝利した。

1980年の夏、ハーンズは WBA ウェルター級タイトル保持者であり、パワーパンチャーのピピノ・クエバスと対戦。ヒットマンは自慢の右を披露し、わずか2ラウンドで伝説のクエバスをノックアウト。

ハーンズ
「私の最高の勝利はおそらく、ピピノ・クエバスに対して最初の世界タイトルを獲得したときでした。ピピノは左フックのノックアウトマンとして知られていましたから。射程外でアウトボクシングして、ジャブを使えば、多くのことができることはわかっていましたが、私は彼に近づき、彼を傷つけることができました。」

1981年9月、WBC のタイトル保持者であるハーンズとレナードは、完全なチャンピオンの地位と世界最高のボクサーとしての認知を得るため、ウェルター級統一戦で出会った。レナードのスキルに対するハーンズのパワーとして期待されていたが、デトロイトの魅力はその概念を覆し、1976年のオリンピックの金メダリストでメディアの寵児レナードをアウトボックスした。

ラウンド14に入ると、ハーンズはスコアカードでリードしてたが、レナードは前のセッションで戦いを終わらせようとしていた。ハーンズは回復できず、レナードはデイビー・パール主審が試合を止めるまで殴り続けた。

ハーンズはほこりを払い、階級を上げた。数回の勝利の後、1982年秋に WBC154ポンドのタイトルをかけて、プエルトリコの才能ある3部門のタイトル保持者であるウィルフレッド ベニテスに挑戦。

ハーンズは戦術的な15ラウンドの判定で勝利した。 タイトルを3回防衛し、特に1984年の壊滅的な第 2 ラウンドの停止により、ロベルト・デュランをノックアウトした最初の男になった。

ハーンズ
「誰も(彼に)そんなことをしたことはありません。私はたくさんのパンチで彼を打ちのめしました。」

1985年4月、ハーンズはついにリングでマービン・ハグラーと対峙した。ハーンズが受けた手の負傷により、1982年に2回の戦いが延期されたが、統一ミドル級チャンピオンとの対決は、デュランに対するKOよりもはるかに大きなイベントだった。両者が炎の激突をしたが、ハグラーは嵐を乗り切り、スリリングなクラシックファイトといえる壮大な戦いの末、第3ラウンドでハーンズを破壊した。

ハーンズ
「あれは史上最高の戦いの1つだったが、私にとって最高の戦いではなかった。私は勝つ方法を知っています。その戦いに勝ちたかった。あれは今でも私を悩ませています。今でも思い出しますし、やり直したいと思っています。その夜、彼はより良い男でした。私が彼に仕掛けたすべてに耐え抜いた。」

その後、ハーンズはデニス・アンドリーズからWBCライトヘビー級タイトルを獲得する前に、いくつかの戦いに勝ち、その後、フアン・ロルダンに対して空位のWBCミドル級タイトルを獲得した。

アイラン・バークレーに衝撃的な3回ストップを喫したが、最初の衝突からほぼ8年後に、古いライバルであるレナードと対戦。それはタイトなコンテストとなった。引き分けという結果だった。

ハーンズ
「私とレイはとても良い友達です。私たちはずっと前に戦った。私たちはお互いを尊重しています。」

ハーンズの最後の素晴らしい夜は 1991年6月だ。彼の最後の世界タイトルを獲得するために、1984年のオリンピック銀メダリスト、長期にわたってライトヘビー級のタイトル保持者であったバージル・ヒルを打ち負かした。

1980年と1984年のリングマガジンファイターオブザイヤーは、1992 年初頭にバークレーとの再戦でライトヘビー級のタイトルを失い、残りの10年間、2000年代まで控えめに戦い、2012年に国際ボクシング殿堂入りを果たした。

ハーンズは現在もデトロイトに住んでいる。ボクシングのコーチをしたり、バスケットボールや射撃プールでリラックスしている。

ベストジャブ シュガー・レイ・レナード

彼は滑らかで、とてもスムーズです。レイには、人を寄せ付けないための素早い左ジャブの能力がありました。かなり速いジャブを持っていました。私がジャブを使うまで、彼はしばらく私を寄せ付けませんでした。私が戦った誰よりも良いジャブを持っていました。

ベストディフェンス ウィルフレド・ベニテス

彼は頭をよく動かし、ミスをたくさんさせます。スライドし、ジャブとフックで殴ります。ベニテスは堅実なファイターだった。素晴らしい能力を持っていました。彼はリング上で頭が良く、動きも良かった。

ハンドスピード レナード

レイは本当に速い手を持っていました。私が速くなかったと言っているわけではありませんが、それはすべて、誰が最初にジャブをアジャストし、誰が最初にパンチをアジャストするかにかかっていました。

フットワーク ベニテス

彼は良いショットで男から逃げる方法を知っていた. フットワークだけでなく、頭と体の動きでした。良いショットから逃れるために自分を動かす方法を知っていました。ときどき捕まえることができましたが、とても動きが良かったです。

ベストチン マーヴィン・ハグラー

間違いなく。彼はたくさんのショットを受けても来続けました。良い顎を持っていたことを証明しています。

スマート レナード

ここでも レナードを選びます。レイは、ミス、ジャブ、動きからの反撃の仕方が賢かった。彼はとてもスリックだった。

屈強 ハグラー

彼をとことん殴りました。しかし彼は我慢し、前進し続けました。私はひたすら殴りましたが、彼はただ前に出続けました。

ベストパンチャー レナード

それについて考える必要があります。アイラン・バークリー、彼はその一人だった… マーヴィン・ハグラーとレナード。レイはかなり良いパンチをした。ピピノ・クエバスもデュランも私を殴ったことはありません。私はそれをレイにします。一撃の威力ではなく、彼はかなりうまく私にパンチした。

ベストスキル レナード

やはりレイ・レナード。彼はボクシングの方法を知っていました。彼は完全なアウトボクサーでした。非常にテクニカルなファイターでした。彼は動く方法と出入りを熟知していました。攻防が素晴らしかった。

総合 ベニテス

ベニテスはとても素晴らしかったです。彼は滑らかでとても狡猾でした。私はベニテスの技術が好きです。彼はよく動き、リングのいたるところで戦います。

ビッグ4のレジェンドだから、含蓄があります。

個人的にビッグ4の中では一番に悲哀を感じます。だから「ヒットマンたるもの」というタイトルにしました。

ヒットマン=(殺し屋)にハッピーエンドはない。

多くのファイターにとって参考になるボクシングの教科書です。
怪物のセンサクもハーンズの毒針には成す術なく破壊された。

ハーンズは優秀なアマチュアではあったが、非力のノッポだったのか、アマチュア時代のKO率は極端に低い。それがプロになり、身体の成長、特性、コーチとのマッチングを経て、究極のパンチャー、恐怖のヒットマンに変貌した。

最初にして究極だとおもわれるが、こういう長身の毒針のような超強打者はいつの時代も誕生する。

シャープすぎて全く近づけない、恐ろしいほどのストレートでKOの山を築く。ピピノ・クエバスも相手をいつも破壊、骨を折る恐ろしき伝説のパンチャーだったが、ハーンズとは異なるタイプのパンチャーであり、ヒットマンにあっけなく粉砕されてからは下降線を辿った。

しかし、それがいつも必ずハマるわけではない。

レナードとの難しい試合に敗れてからは、相手により自分の持ち味を変える戦い方にシフトしていった。それは、恐ろしい長身の強打者という武器を持ちながらも、撃たれ脆さも併せ持っていたからだ。

ビッグ4の中では、恐らく一番人気がなく、バイプレイヤーの位置づけだとおもうが、ハーンズはレナードが負け、ミドル級なのにハグラーが苦戦したロベルト・デュランを完膚なきまでに叩きのめした最初のファイターだ。

南米の屈強なファイタータイプにはとことん強い武器を持っていた。

一番わかりやすい武器を持ち、誰をもノックアウト出来そうな才能を持っていたが、究極の試合では、逃げのファイトをせず、倒しあい、果し合いを挑み散ってきた。
ファイトプラン次第ではビッグ4ではなくナンバーワン、全勝してもおかしくない才能だった。

アイドルのレナードに勝てず、屈強なハグラーに叩きのめされ、バークレーなどの荒くれの伏兵にも敗れた。

しかし、当時の究極の4人はただものではなく、晩年に全盛期のバージル・ヒルを破り、Lヘビーのベルトまで巻いた。フォアマンが10年の時を経てマイケル・モーラーを倒して戴冠した時のような奇跡だったが、往年の実力者はスケールが違ったという事だろう。

歴史は繰り返す、いつの時代もハーンズのような長身スナイパーは生まれる。パワーもノックアウトシーンも鮮烈だが、そういうボクサーが史上最強ではない。スタイルが試合を決める。

誰だって、ハーンズに成りえるし、誰だって無敵ではない。

ビッグ4の中では人気も人々の印象も4番手だとおもわれるハーンズだが、だからこそ、一番の才能だったとおもうし、これがボクシングなのだ。苦闘の末に勝った、ウィルフレド・ベニテスをナンバーワンに挙げているのも奥が深い。

だからこそ、ボクシングなのだ。
無敵はいない、奥が深すぎる。

シェアしてくださるとうれしい
RSS
Twitter
Visit Us
Follow Me
{{ reviewsOverall }} / 5 ユーザー (4 投票)
評価
みんなの意見 あなたの評価を残してください
順序:

最初にレビューを残してください。

User Avatar User Avatar
確認
/ 5
{{{review.rating_comment | nl2br}}}

このレビューにはまだ返信がありません。

Avatar
もっと表示する
もっと表示する
{{ pageNumber+1 }}
あなたの評価を残してください

お使いのブラウザは画像のアップロードをサポートしていません。現代のものを選んでください

いかがでしたか?
12
1
0
0
2
0
0
プクー
「ボクシング動画配信局」https://box-p4p.comの管理人です。 ボクシングで人生を学びました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)