氷の微笑のモンスター/ユーリ・アルバチャコフ

氷の微笑のモンスター/ユーリ・アルバチャコフ

シェアしてくださるとうれしい
RSS
Twitter
Visit Us
Follow Me

いつものレジェンドインタビューはないが、残すべきものは残しておく。ボクシングの歴史の中では何年、何十年かに一度は”モンスター”が現れる。日本しか選択肢がなかった、日本に来たから成功できた。しかしその才能はそんなものではなかった。

ユーリ・アルバチャコフは、最も過小評価された90年代のファイターだ。その理由はほとんどのキャリアを日本で送ったためであるとされている。それは彼の国ではなかった。

プロボクシングが不可能だったソ連を離れ、ペレストロイカ政策の一貫で日本にやってきたユーリはそのスキルとエキサイティングなスタイルで瞬く間に日本のファンを虜にした。チャコフ・ユーリという名前でデビューした彼は日本の世界王者の名前にちなんでユーリ海老原というリングネームをつけられた。

ユーリ・ヤコブレビッチ・アルバチャコフは1966年10月22日にロシアのケメロヴォ州タシュタゴル出身のアジア系ロシア人として生まれた。1989年にはモスクワで世界フライ級のアマチュア選手権に勝ち、同年ヨーロッパ選手権、世界選手権を制した。

https://www.youtube.com/watch?v=_vawcBTd6G8

1990年に5人のソビエトボクサーと共に日本の協栄ジムと契約、デビュー年の7月には初回KOで日本フライ級王座を獲得した。12連勝の後、1992年にタイのムアンチャイ・キティカセムを8回KOで下しロシア発のプロの世界王者に輝いた。

Ebiharaがロシア語で「ファック」を意味する単語「Ebi」を連想させたので、ユーリ・アルバチャコフに再び改名、「勇利アルバチャコフ」

1996年8月26日、9度目の防衛戦で5年前に対戦することが出来なかった渡久地と対戦(渡久地は本名の「渡久地隆人」としてリングに上がった)。9回TKO勝ちを収めるも、右手中指を骨折。試合内容からは想定できないほどの長期間の休養を余儀なくされる。なお、この試合は同年の年間最高試合に選ばれた(勇利にとっては3度目の同賞受賞)。

1997年11月12日、1年以上のブランクを経ての10度目の防衛戦。勇利の休養中に暫定王者となったチャッチャイ・ダッチボーイジム(タイ)との統一戦を行う。両者は1995年9月25日にも対戦しており、この時は勇利が12回判定勝ちを収め、7度目の防衛に成功した。2年ぶりの再戦となったこの試合は反対にチャッチャイの12回判定勝ち。2年前の雪辱を許す形となった。

慢性的な拳の怪我とモチベーションの低下、長いレイオフが彼からボクシングへの情熱を奪った。

世界王座陥落後、勇利は「アマチュア時代から20年近くも戦ってきた。もう疲れた。もうたくさんだ」とコメント。チャッチャイ戦後、一時は復帰も噂されたが、右ストレートを強打するがゆえに右拳を慢性的に故障していることもあり、結局この試合を最後に現役を引退。1999年2月、後楽園ホールで引退式を行った。

生涯戦績23勝16KO1敗。

同僚で同時期に日本で活躍したオルズベック・ナザロフと同様、怪我によってキャリアを損ねただけで、それさえなければ無敵のようにおもわれた。

現在はロシアに帰国し、サンクトペテルブルクに居住している。出身地ケメロヴォ州では彼は伝説的な英雄となり、毎年彼の名を冠したアマチュアボクシング大会が行われている。

ユーリに関する何かがないかなぁとおもって探したが、目ぼしいものを探すことができなかった。ロシア語のGoogleとかなら探せそうだが・・・

多くを語るまい、彼もまた過小評価されたモンスターだった。
大好きだった。ビッグマッチがみたかった。

遠くアフリカとフランスで栄光と挫折に遭遇したオルズベック・ナザロフや、遂に世界王者になれずに消えたスラフ・ヤノフスキーなどについても、いつか書いてみたい。

ヤノフスキーはすごい時代のすごい階級のオリンピック金メダリストだったらしい。アメリカの誰も敵わない、キューバだらけの脅威の時代に頂点に立ったスーパーテクニシャン。でも、プロになるには少々歳をとりすぎていた。

https://www.youtube.com/watch?v=OvHuRGE5Kww

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシングランキング

シェアしてくださるとうれしい
RSS
Twitter
Visit Us
Follow Me
次の投稿その他の記事を読む

プクー

「ボクシング動画配信局」https://box-p4p.comの管理人です。 ボクシングで人生を学びました。

13件のコメントがあります

  1. アバター
    一瞬のマ夏

    大好きなボクサーでした。個人的には辰吉・鬼塚・渡久地よりも。
    そして、ボクシングという人種的な差別や人気で評価が大きく変わってしまうある意味残酷なスポーツ
    で、ユーリが最後に もうもう疲れた、もうたくさんだ と言ったという言葉。当時私はまだ若かったですが、深く考えさせられました。
    日本のボクシング界は当時よりももっと酷い事になっています。世界への扉が開いた以上後戻りは出来ません。井上は実力がありますが、WBSSが無くても大橋ジムはビッグマッチや海外進出にみちびいていたでしょうか?大橋会長は昨年位にはインタビューで天心といつか、、、などと答えていました。
    井岡は海外を拠点に海外でビッグマッチを求めてここまで来ました。でもそうするのに一度は引退までしました。そしてスポンサーはSANKYOのみ、さらにTBSの年末の赤字補填の意味合いもあって国内復帰を決断。試合後、井岡はさらに海外でと強く言っていますがスーパーフライという興行そのものを日本で開催すれば?などという井岡の思惑と全く違う事を言い出すものもいます。。。
    他にも伊藤も敗れてしまいました。中村ゆうやとかいうのは論外で実力が無いと何を言ってもダメです。
    JBCを見ていると亀1の方が理解は出来ます。一般層を取り込まないとこれからのネット社会では生き残れない。ボクシングというワードを検索してもらえない。これを今後出てくるか分からないモンスター頼りで良いわけがない。日本でボクシングを残すには亀1のように一般受けするように間口を広くする。但し、それはバラエティスポーツに寄せる事に繋がります。これには大反対です。

    井岡と井上の今後の主戦場とそれに続く本当に実力のあるものが連続して現れるか?そしてJBCやジムがバックアップ出来るのか?選手の肉親(お父さん)だけがリスクを負う時代が続くのか?
    西岡が海外で戦った2011年頃。山中が王者になったばかりで国内のみで結局引退。内山も然り。井岡はミニマム王者になったばかりで7年も経過して引退までしてようやく。一番行きやすい状況だったはずの長谷川は王者になる事だけに拘り国内のみで王者になりバルガスとやらずに引退。そして解説者として引退前の井岡の試合をつまらないと酷評。。。山中も内山も内心忸怩たる思いがあったでしょう。 これから、、、やっぱり他のスポーツと一緒でハーフ頼みですかね。

  2. アバター
    ユーリズミックス

    今の井上尚弥かそれ以上に特別な突き抜けた選手でしたが、時代が仕方なかった。

  3. アバター
    富士山

    低迷していた日本ボクシング界に襲来してきた、黒船。本当の世界レベル。日本ではあまりに抜けてましたが、チャッチャイとはイイ勝負でした。

  4. アバター
    匿名

    赤字補填で復帰決断とかソースあんの?軽量級でやるなら結局日本でやるメリットはあるんだろ。大橋が天心云々はリップサービスみたいなもん。亀田は所詮亀田に注目集まっただけ。長文ネガキャンしているけど現実見ような。
    他のスポーツ同様(笑)ハーフに依存しないで結果出してる競技なんて腐るほどあるわ。外国人の身体能力が日本人の全てに勝るとでも思ってんの?w卑屈な敗戦奴隷哀れだな。

    1. アバター
      一瞬のマ夏

      長文に付き合って頂きありがとうございました。
      ネガキャンという初めて見る言葉の意味を早速検索して知りました。
      貴方は使い方を間違っているようですが、、、。

  5. アバター
    匿名

    酷いのは業界よりもネガキャンすることに酔ってる卑屈なヲタだろwユーリも暗黒期で活躍したから神格化されているだけ。本当の世界とは言えんな。

    1. アバター
      匿名

      言葉遣いが残念な人だな。

  6. アバター
    匿名

    アメリカでは相手されないから日本が拾った。日本に来なければ世界王者にはなれなかったろうな。別に日本の業界のせいで引退決意したわけではないだろ。こっちのせいにするな。

  7. アバター
    匿名

    そもそも日本ボクシング界の問題点は身体的ディスアドバンテージってより技術的なノウハウが後進的なのが原因なので、どれだけ身体的に優れたハーフがボクシング界に来ようが、先月の世界戦みたくみんな技術で翻弄されて判定負けでしょう。

  8. アバター
    匿名

    ユーリーはカルバハルより 強かったと思う。
    どちらのファンでもなく
    ただのボクシング好きですが 個人的に、

    1. プクー
      プクー

      私もただユーリのボクシングが好きで、同感です。

  9. アバター
    メヒコ

    ユーリーさんは強かったですね!スナイパーのようにピンポイント一発で相手を倒すイメージが、当時の中坊だった私の脳裏に焼き付いてます。パンチはタイミングだなって気が付かせてくれた偉大なチャンピオンでした。蛇足ですが、私は仕事でスタンが付く中央アジアの国々に赴任の経験が有ります。その時に彼の地の人々は、生活の環境も有りますが?足腰の異常な強さに驚かされました!!体幹が半端じゃなかったです。だから、ユーリーさんの強さの秘密はそこに有ったかと、今更ながら納得をしてます。

  10. アバター
    クロス

    アニメの必殺技クロスカウンター、試合で見たのはユーリ選手のが初めてでした。相討ちでは無くキッチリダメージ軽減している、ゾクってしたのを憶えています。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)