狂乱のロードウォリアー/エドウィン・バレロ

シェアしてくださるとうれしい
RSS
Twitter
Visit Us
Follow Me

内なる悪魔に飲み込まれた神秘的なファイター、エドウィン・バレロの記事を2か月前に書いたのですが、記事がそのまま映像化されたようなものを見つけました。一見の価値ありです。やっぱこの男は強い。今のモンスター、井上尚弥並ではないだろうか、日本での練習風景もあります。

殺人者である前にエドウィン・バレロはボクサーだった。
そしてボクサーになる以前、1981年12月3日、貧困と暴力の時代にベネズエラで生まれた。ストリートファイトやアルコール、コカイン、警察沙汰、この過酷な環境が彼を犯罪からの逃避、ボクシングのリングへと導いた。

ダグ・フィッシャー(ボクシングジャーナリスト)
「彼の練習、スパーをみました。スピードバッグからヘビーバッグ、シャドーボクシングまで・・・他のプロボクサーとは一線を画していました。スパーリングパートナーなど簡単にあしらっていました。」

その中には後にスティーブ・ジョンストンを破り世界王者になるファン・ラスカーノもいた。

ダグ・フィッシャー
「ラスカーノでさえバレロの相手になりませんでした。2,3回はスパーリングしましたが、とても太刀打ちできないので、ラスカーノはホエル・カサマヨールの方が練習になると相手を変えてしまいました。」

バレロは将来の世界王者を世話しながら自身はプロとして8連勝を全て3分以内で終わらせた。それはバレロの全勝全初回KO記録の序章に過ぎなかった。

その後も初回KOを続け、12連続初回KOでHBOデビューを目前にするも、危機に直面した。MRIで脳溢血の可能性がある小さな斑点がみられたのだ。それはプロになる前のバイク事故が原因だった。ヘルメットを装着していなかったバレロは頭蓋骨を骨折、脳からも出血し手術を受けていた。

それに伴い、ニューヨーク州スポーツ委員会はバレロにアメリカでのボクシングライセンスを発行しなかった。バレロのプロキャリアは停滞してしまった。

ダグ・フィッシャー
「バレロは諦めきれず、周囲の人間を疑い始めていた。人間不信だ。できたばかりのゴールデンボーイプロモーション、マネージャーのオスカー・デラホーヤの父親などを。」

バレロの常軌を逸した暴力的な性格はそのわずかな脳障害に原因があったのだろうか?2010年の衝撃的な事件の発火原因となりえたのだろうか?おそらく無関係ではないとおもうが、個人の遺伝的資質と環境が生み出す問題に答えを導き出すことは困難だ。彼の生まれた環境のすぐそこにある暴力、彼が選んだ職業は拳だけではなく頭にも無数の打撃を与えた。

これら全ての要素が重なり合うことで事件が起きた可能性がある。ある時点でバレロはアルコールとコカインに溺れ、それが衝動的な狂気を加速させた可能性がある。

アメリカでのライセンスが却下され行き詰ったバレロはベネズエラに戻り、ゴールデンボーイプロモーションとの縁を断ち、日本の帝拳プロモーションと契約を結んだ。

パナマ、メキシコ、フランス、そして日本と故郷のベネズエラ、各地を転戦するロードウォリアーになった。全勝、全初回ノックアウトの記録は日本でヘナロ・トラザンコスと戦うまで18連続を記録した。(トラザンコスは2回KO)

2006年8月5日、パナマでWBAスーパーフェザー級王者、ビセンテ・モスケラに挑戦した時がバレロにとって初めての試練となった。初回で2度のダウンを奪ったバレロは今までのように速攻KOで試合を終わらせるようにみえたが、モスケラはサバイブし3回にははじめてバレロはダウンも喫した。しかし最終的には10回KOでモスケラを破り王者になった。

https://www.youtube.com/watch?v=DBXZcRjEEBQ

世界王者になった事で、不遇なバレロのキャリアが少しでも報われると予想されたが、バレロはより粗悪で不機嫌になっていった。

ダグ・フィッシャー
「バレロが世界王者になって以来、バレロの妻の笑顔をみたことがない。」

バレロの周囲でもっとも変わったのは、彼の妻、ジェニファー・カリライナ・ビエラだった。カリフォルニア州に移動したバレロは若い妻を束縛しひどい嫉妬にかられていた。

2009年4月、アントニオ・ピタルアを2回KOし空位のWBC王座を獲得、帝拳の友人にバレロについて「彼はいい奴みたいだね」とかまをかけてみると、日本の友人は本能的なしかめっ面で答えるのみだった。まるで私が猫を拷問するのが好きかのような冷ややかな反応だった。数年後、トップランクのボブ・アラムはバレロに対する態度を特徴的に表現した。

ボブ・アラム
「バレロは常軌を逸していた。親切な奴かとおもいきや突如暴走する。普通ではなかった。」

ボブ・アラムはバレロのためにテキサス州ならばボクシングのライセンスが発行されると奔走したが、今ではそれを否定している。爆発的な強さを誇るバレロとパッキャオを対戦させる話があった。当時のパッキャオのトレーナーであるフレディ・ローチはこの試合を受け入れていた。

フレディ・ローチ
「バレロは少しスピードがないが、多くの力を持っている。パッキャオにとり一番のライバルはバレロだ。彼はとても危険だ。」

しかし試合は実現しなかった。
バレロの行動は益々常軌を逸していった。ベネズエラの国旗と大統領、ウーゴ・チャベスの肖像のタトゥーを胸に刻み、プエルタ戦後に再びアメリカに入国拒否されたのはこの入れ墨のせいだと主張、テキサスではそのせいで運転中罰金を受けたと言いだした。

その後、ヘクター・ベラスケス相手にタイトルを防衛、メキシコのアントニオ・デマルコ戦が最後の試合となった。バレロのリング外のサイレンは赤く点滅をはじめた。

2009年9月、故郷のメリダで妻と母親を襲った。
デマルコ戦から1ヵ月、妻のジェニファーは肺を潰され、肋骨を折られ病院に搬送された。
妻が入院した病院で医師や看護師を脅したバレロは逮捕され、暴行し、妻との接見禁止令が出された。

その後バレロは治療と観察のため精神病院に入院するが、2010年4月7日に退院、キューバのリハビリ施設に入るよう手配された。空港に向かう途中、酔ったバレロは自動車事故を起こし飛行機に乗り遅れる。

妻への暴行で警察に護衛をつけられていたものの、彼らに賄賂をわたし、妻と一緒にバレンシアの町まで移動、ホテルインターコンチネンタルにチェックイン。

翌朝、5時30分、バレロは裸足でホテルのフロントを訪れ、静かに妻を殺害したと告げた。
バレロの言葉通りにジェニファーは殺害された。

逮捕された時、バレロは抵抗を示さなかった。酔っているかクスリでハイになっていると懸念され、暴れて自殺する可能性があるとして靴紐とジャケットを外されたが、スウェットパンツを身に着けることを許された。そして2010年、4月19日の早朝、刑務所の独房でそのスウェットパンツを用い、首を吊って自殺した。

28歳だった。

テキサスでの戦いを思い出す。私はバレロと熱い抱擁を交わした。彼の肩越しには妻のジェニファーと2人の子供がいて私を不安な目で見ていた。きっと彼らは見知らぬ国の言葉の通じぬ私を警戒していたのだろう。今になっておもうと彼らの不安な目つきは恐怖であり、沈黙の助けを求めていたような気がする。

帝拳ジム所属として真近でバレロをみてきた浜田剛氏は一貫してバレロはパッキャオに勝つと言っていた。現実か妄想かわからないが、バレロの暴走は妻への嫉妬、不倫疑惑だったのだろうか?

桁違いの強さで後の世界王者も子ども扱いしていたバレロは脳溢血の疑いでスムーズに出世できずゴールデンボーイプロモーションから帝拳ジムへ、各国を巡るロードウォリアーになった。そんな不遇への憤り、怒りの爆発がアルコールやクスリ漬けの人生へと転落させたのか。

享年28歳 怪物だった。

殺人者である前にボクサーとして記憶に刻む。

生涯戦績
アマチュアボクシング:92戦86勝(57KO・RSC)6敗
プロボクシング:27戦27勝(27KO)無敗
プロデビューからの18戦はすべて初回KO勝ち

https://www.youtube.com/watch?v=yBTBX-yWUDM

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ にほんブログ村 格闘技ブログへ

シェアしてくださるとうれしい
RSS
Twitter
Visit Us
Follow Me
{{ reviewsOverall }} / 5 ユーザー (0 投票)
Rating
みんなの意見 あなたの評価を残してください
順序:

最初にレビューを残してください。

User AvatarUser Avatar
確認
/ 5
{{{review.rating_comment | nl2br}}}

このレビューにはまだ返信がありません。

Avatar
もっと表示する
もっと表示する
{{ pageNumber+1 }}
あなたの評価を残してください

お使いのブラウザは画像のアップロードをサポートしていません。現代のものを選んでください

13 COMMENTS

アバターカリメロ

お母さんがお父さんに殺されて、そのお父さんも自殺した。おそらくお母さんがお父さんにいつも暴力を振るわれているのをまじかに見ていた娘たちは、精神的に立ち直ることが難しいと思います。バレロがリング外でも暴力的なのはアルコールにコカインの影響もあるでしょうが、おそらく成長してきた環境、家族、そして彼が育ってきた中でなんらかの出来事があって、それが彼の性格を形成したんでしょう。
一時家族の要求で上映禁止になっていた彼の伝記映画「El Inca」を見てみたいです。

返信する
アバターくじこ

珍しく技術論が全くない記事評論、しかし強さの秘訣がわかり難い、なんかパンチが得意なキックボクサーのようでもあり、実際超一線級に対策を練られた試合を試しに観てみたかった。

返信する
アバター凶気の桜

簡単に2階級制覇だしこんな記録を打ち立てるバレロは最高峰の才能ですよ。欠点をつかれて負ける日が来るにせよ能力では劣っていませんよ。ただ狂気の人でした。

返信する
プクープクー

そういえば技術に全く触れてなくてすみません。
バレロ本物だとおもいます。パッキャオとやっても勝つほどの。

ひっぱたくような回転の速い連打、ブレない体幹、強打を初回からガンガン打ち込んでいけるのは孤高の才能です。
その他の技術も高いです。

ただ、昔から薬物中毒者だとおもうので、どうして試合が出来たのだろう?

返信する
アバター匿名

その実力がホンモノなのか違うのか、試される前にこの世を去ってしまいました。彼が犯した罪は決して赦されることはないですが、殺人者の前にボクサー、私もそう記憶に刻んでいます。

返信する
アバター闇の使者

脳溢血の疑いでライセンスがおりないボクサーが日本では活動できる。犯罪歴はなかったのかもしれないけど恐らく薬物依存であった彼が日本や世界各地で試合は出来る、このあたりは計量以外、何もしてないんじゃないかという闇につながりますね。素晴らしいボクサーではありましたが。

返信する
アバター

帝拳ジムの人たちの本当の評価を知りたい。
確かに誰かが彼について言ってるのを聞かないね。

返信する
アバターロードウォリアー

内山もスパーした相手では最強だったと言ってました。殺気がすごいと。

返信する
アバター富士山

強い選手なのに対戦相手が格下すぎて評価が難しい。
それなりに強い相手には、さすが1RKOとはいかず、ダウンもしてますので、、、もしも、キャリアが続いてたら、、、ハメドみたいなキャリアになってたのかなぁ。

返信する
アバターにや

後楽園で握手してもらったのはいい思い出です。
意外と小柄で手も体も大きくなかったですが、ものすごく手が厚つかったです。
これで殴られたら・・・とゾッとしました。
表舞台でもっと活躍して欲しかったです。

返信する
アバター匿名

読んでるだけで映画みたいだった。一つ違えば全く違った結果になったような気がして悔やまれますね。バレロの人生はとても不幸ではありますが、殺された奥さんと残された子供たちが不憫でならない。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)