Posted in レジェンド ロシア

Winner Take All/(豪州の稲妻)コンスタンチン・ジュー

今ボクシング界で最激戦区はスーパーライト級だとおもう。才能の宝庫である。しかしコンスタンチン・ジュー…

続きを読む Winner Take All/(豪州の稲妻)コンスタンチン・ジュー
Posted in レジェンド アメリカ

悲運のスーパーカー/(モーターシティ)オーバ・カー

日本では名前がユニークなので覚えている人も多いだろう。マニアには無冠の帝王と言われたオーバ・カーはデ…

続きを読む 悲運のスーパーカー/(モーターシティ)オーバ・カー
Posted in レジェンド ニカラグア

マンゴーの狂人/(El Matador=闘牛士)リカルド・マヨルガ

ボクシング、特に層の厚い中量級、重量級はトップアマの下地がないとプロで通用しない時代になったが、こう…

続きを読む マンゴーの狂人/(El Matador=闘牛士)リカルド・マヨルガ
Posted in レジェンド フィリピン

フィリピーノ・フラッシュバック/ノニト・ドネア

バンタムのレジェンドを連載したが、私の観戦歴だとマイ「黄金のバンタム」はノニト・ドネアになるのだが、…

続きを読む フィリピーノ・フラッシュバック/ノニト・ドネア
Posted in レジェンド アメリカ

衝撃のJJ/(Joltin=驚異)ジェフ・チャンドラー

サンドバル繋がりで出てきた名王者、ジェフ・チャンドラーの事も紹介しておきます。日本人としてはこちらの…

続きを読む 衝撃のJJ/(Joltin=驚異)ジェフ・チャンドラー
Posted in レジェンド アメリカ

禁じられた黄金/リッチー・サンドバル

「黄金のバンタム」はエデル・ジョフレに与えられた称号だが、時代、主観によってファンそれぞれの「黄金の…

続きを読む 禁じられた黄金/リッチー・サンドバル
Posted in レジェンド アメリカ

バンタム級卒業の果て/ポーリー・アヤラ

トニー・アヤラ繋がりでポーリー・アヤラを読んでみたら、兄弟ではない、恐らく親戚でもないのではないか、…

続きを読む バンタム級卒業の果て/ポーリー・アヤラ
Posted in レジェンド ガイアナ

ガイアナの疾風/(シックスヘッズ)アンドリュー・ルイス

大活躍できず儚く消えたファイターの中にも才能だけは輝かしかったものがたくさんいる。(シックスヘッズ)…

続きを読む ガイアナの疾風/(シックスヘッズ)アンドリュー・ルイス
Posted in レジェンド メキシコ

栄光そしてこの胸の苦しみを/(エルマタドール)ヘスス・チャベス

フロイド・メイウェザーの原点、バレラやモラレス、パッキャオなど軽量級が熱く人気の時代に一人の個性的な…

続きを読む 栄光そしてこの胸の苦しみを/(エルマタドール)ヘスス・チャベス
Posted in レジェンド インドネシア

羊の皮を着たドラゴン/(ザ・ドラゴン)クリス・ジョン

クリス・ジョンはさながら羊の皮を着た狼だった。“The Dragon(ザ・ドラゴン)”というニックネ…

続きを読む 羊の皮を着たドラゴン/(ザ・ドラゴン)クリス・ジョン
Posted in レジェンド メキシコ

長身である前にメキシカンである/(エルパソ=峠)セサール・バサン

坂本博之とも戦ったセサール・バサンはどういう経緯かわからないが、それ以前に日本で4試合している。(帝…

続きを読む 長身である前にメキシカンである/(エルパソ=峠)セサール・バサン
Posted in レジェンド アメリカ

悪魔を憐れむ歌/(El Torito=小さな牛)トニー・アヤラ・ジュニア

時にこういう無軌道で破天荒なファイターが生まれるのがボクシング、特にアメリカという土壌だが、彼はボク…

続きを読む 悪魔を憐れむ歌/(El Torito=小さな牛)トニー・アヤラ・ジュニア
Posted in レジェンド メキシコ

スポットライトが眩しくて/(パンチート)フランシスコ・ボハド

あまりにも眩しい才能だった。誰もが未来のスターを信じて疑わなかった。同時期にプロになったミゲル・コッ…

続きを読む スポットライトが眩しくて/(パンチート)フランシスコ・ボハド
Posted in レジェンド アメリカ

運をつかみ損ねた男/(リトルハグラー)フレディ・ノーウッド

アメリカのバリバリの強者が日本にやってくる理由は、本場でビッグマッチを掴み損ねた選手というイメージが…

続きを読む 運をつかみ損ねた男/(リトルハグラー)フレディ・ノーウッド
Posted in レジェンド アメリカ

クレイジーフィスト狂拳/(G-Man)ジェラルド・マクラレン

一番書きたいのに書けないのは、彼自身の言葉がない、インタビューできない状態だからだろうか。個人的ボク…

続きを読む クレイジーフィスト狂拳/(G-Man)ジェラルド・マクラレン