過ぎたるは猶及ばざるが如し/セリク・サピエフ

シェアしてくださるとうれしい
RSS
Twitter
Visit Us
Follow Me

東京五輪2020が終わりました。
このブログはほぼ止まっていました。

五輪に熱中していたわけでなく、コロナ禍の最中、食っていくのが大変で、ほんの少しだけ観ていました。

やはりプロとアマは違う、このレベルの3ラウンドとなると僅差勝負の判定が多く、難しい面も感じましたが、彼らトップ選手の誰かがプロでも活躍していくことになるのは間違いない。

乱立するプロの世界王者になるよりも険しい崇高なファイターたちを垣間見ました。

カザフスタンのヒーロー、GGGよりもアマチュアでは格上と言えるかもしれないレジェンドの記録。

2000年代後半から2010年代前半、アマチュアボクシング界でトップクラスの実力を誇っていたのが、カザフスタンのセリク・サピエフだ。主要な大会で常にメダルを獲得してきた。

2012年のロンドンオリンピックで、ウェルター級(69kg、152ポンド)で金メダルを獲得し、最高の瞬間を迎えた。

サピエフは1983年11月16日、カザフスタン中央部の小さな都市アベイで、4人兄弟の3番目として生まれた。

サピエフ
「私たちは貧しかった。父は炭鉱夫で、命がけで仕事をしていました。石炭を取るために100メートルも150メートルも降りるんです。鉱山で35年間働いていました。」

サピエフが10歳のときに父の勧めで兄と一緒にボクシングを始めた。

サピエフ
「市の大会で優勝したとき10ドルくらいもらえました。このお金を母にあげて喜んでくれました。」

キャリアを重ねるにつれ、優秀な成績を収め続け、ユースのタイトルを2回獲得、その後、2004年、2007年、2009年と3回のシニアタイトルを獲得した。

サピエフ
「アベイやカラガンダで3年間勉強しました。そこは特別なスポーツ学校でした。」

その時に、同胞であり、後にプロのスターとなるゲンナジー・ゴロフキンと初めて出会った。2人は今でも親友であり、GGGがカザフスタンに滞在する際にはよく会っている。

サピエフが初めて国際的な成功を収めたのは、2005年に中国・綿陽で開催された世界選手権のジュニア・ウェルター級で金メダルを獲得したときだった。しかし、決して順調だったわけではなかった。

サピエフ
「世界大会の10日前にスパーリングをし、手首を痛めてしまったのです。幸いなことに、私のコーチ以外、誰も私の怪我のことを知りませんでした。

決勝では、痛みを和らげるために、手首を凍らせることにしました。精神的にも大変でした。初めての世界大会でしたが、ウズベキスタンの最も強いボクサーの一人であるディルソッド・マムドフに勝つことができました(39-21)。怪我をしていたにもかかわらず、彼に対する私のアドバンテージは、効率とスピードを上げる能力だったと思います。」

この勝利を受けて、2年後のシカゴ大会でも2度目の世界選手権金メダリストとなった。決勝でロシアのゲンナジー・コバレフを20-5で下した。

サピエフは、2008年の中国・北京オリンピックで141ポンド級を制覇することを目指していた。しかし、準々決勝で2004年のオリンピック金メダリスト、マノス・ブーンジュモンに7-5で判定負けを喫した。

サピエフ
「コーチとの作戦は、相手を早く疲れさせることでした。ラウンド終了時のポイントは、正しくカウントされていなかったと思います。私のパンチはすべてカウントされませんでしたが、相手はその逆でした。パンチを打たなくても、自動的にポイントが与えられていたのです。」

サピエフは悲願の金メダルを獲得するために、さらに4年間待たなければならなかった。

ウェルター級に転向し、2009年の世界選手権(イタリア・ミラノ)では、準決勝で強豪、アンドレイ・ザムコボイに16-10で敗れ、銅メダルに終わった。

2011年にアゼルバイジャンのバクーで開催された世界選手権では、エロール・スペンスJr.を20-10で下し、エギディウス・カバリャウスカスを止めたが、決勝でタラス・シェレスチュクに16-10で敗れた。

2012年のロンドンオリンピック、金メダルを獲得したことが、サピエフの大きな転機となった。

準々決勝はガブリエル・マエストレを20-9、準決勝では宿敵のザムコボイを18-12で下し、決勝はイギリスのフレッド・エヴァンスに17-9で快勝した。

サピエフ
「若い頃の最大の夢は、オリンピックチャンピオンになることでした。キャリアの中でこのようなタイトルを獲得できたことは、非常に誇らしいことです。その上、バル・バーカーのトロフィーも授与されました。(大会MVP)

サピエフはアマチュアの記録を310勝10敗とした。

大手プロモーターからの誘いはあったものの、プロボクシングへの転向はしなかった。

サピエフ
「私の目標は、常にオリンピックチャンピオンになることでした。2012年のロンドンオリンピックで、金メダルを獲得しました。その大きな勝利の後、コーチの言うことを聞いて、ボクシングのキャリアを終えることにしました。大きな決断ではありましたが、まずは自分の健康を第一に考えました。

もちろん、振り返ってみると、プロに転向できたのではないかと思うこともありますが、「過ぎたるは及ばざるがごとし」ということわざがあります。」

2012年のオリンピックを最後にボクシングを引退した後、サピエフは数々の仕事をこなし、多忙を極めている。

カザフスタンのボクシング連盟でディレクターを務めたり、ロンドンのブルネル大学で英語を学んだ後、アスタナ・アーランズWSBチームのジェネラル・ディレクターを2年半務めた。その後、カザフスタン議会の副議長を経て、現在は母国の文化・スポーツ省の委員長を務めている。

現在37歳のサピエフは、幸せな結婚生活を送っており、4人の娘とカザフスタンの首都ヌルスルタン(旧アスタナ)に住んでいる。

ベストジャブ

アンドレイ・ザムコボイ

アンドレイ・ザムコボイとヨルデニス・ウガスでした。
ウガスとは2005年にモスクワで開催されたワールドカップで対戦しました。彼らはジャブをよく出していて、スピードもとても速かった。ザムコボイのジャブが一番良かったと思います。彼は普通の相手ではなかった。彼のサウスポーからのジャブは速かった。すべてが速く、特に右ジャブが素晴らしかった。

ベストディフェンス

タラス・シェレスチュク

ベストディフェンスは、タラス・シェレスチュクとマノス・ブーンジュムノンでした。シェレスチュクのディフェンスはとても上手かった。ガードが高いだけでなく、スリップしたり、ロールしたりするんです。彼のガードを崩して頭にクリーンショットを打つのは非常に難しいことでした。当時は異なるスコアリングシステムだったので、相手のグローブに当たったパンチはカウントされませんでした。

ハンドスピード

ザムコボイ

彼はとても速いボクサーでした。非常に速く手を打つことに集中していましたが、パワフルではありませんでした。
彼の両手は鋭かった。

フットワーク

イオヌット・ゲオルゲ

カザフスタンのジェニス・ヌルゴジンとルーマニアのイオヌット・ゲオルゲ、彼らの足はとても速く、リング上をよく動き回っていた。比べるのは難しいですが、イオヌットと言いたいですね。

スマート

ディルショッド・マフムドフ

アンドレイ・ザムコボイ、ディルショッド・マフムドフ、ゲンナジー・コバレフ。彼らは戦い方が巧かった。ディルショッド・マフムドフはスマートで才能のあるボクサーでした。私の動きを見て常に反撃しようとしていました。

屈強

エロール・スペンスJr

一番強かったのは、エロール・スペンスJr.とガブリエル・マエストレです。私は彼らの動きに合わせてボクシングをしなければなりませんでした。立ち止まって動かないでいると、彼らは私のボディに打撃を与えてきました。スペンスだと思います。

ベストチン

ドミトリー・ヒスメトフ

私がどれだけ彼を打ち負かしても、彼は非常に強い打撃を受けているにもかかわらず、常に我慢して前に出ていました。彼ののアゴは頑丈でした。頭だけでなく、体全体がとてもタフでした。戦車のように前進し、痛みを感じません。

ベストパンチャー

スペンスJr

ボディを打たれたとき、彼のパワーを感じました。

ベストスキル

アレックス・バスティン

彼はとても変わっていて、スピード、ディフェンス、そしてタイミングが非常に良かった。適切なタイミングで適切な動きをしていました。

総合

ザムコボイ

ザムコボイ、スペンス、シェレスチュクのどれかです。
マフムドフとウガスも良いファイターでしたが、一番良かったのはザムコボイです。彼はとてもクレバーなボクサーで、長身で腕力もある。すべてのアクションを迅速に行おうとする。すべての試合で勝とうとする。彼は私の動きを予測して反撃してくる。彼はあらゆる機会を利用して勝とうとした。

東京五輪には、プロのプロスペクトとして出ているファイターも混じっていたり、女子の並木は入江に勝っており、両者のブレイクを期待したが、結果、運や相手次第で扱いが変わるものだなと感じたり

サピエフが評価するザムコボイは今回銅メダル、金のイグレシアスに最も肉薄したのは日本の岡澤だったんじゃ?とか

キューバはやはり強いが最近ずっと同じ顔触れじゃんとか・・・

さて、そろそろ、いつものボクシング週間に戻ります。
8月14日(日本時間15日)

ギジェルモ・リゴンドーVSジョンリエル・カシメロ

からかな。

シェアしてくださるとうれしい
RSS
Twitter
Visit Us
Follow Me
{{ reviewsOverall }} / 5 ユーザー (0 投票)
Rating
みんなの意見 あなたの評価を残してください
順序:

最初にレビューを残してください。

User Avatar User Avatar
確認
/ 5
{{{review.rating_comment | nl2br}}}

このレビューにはまだ返信がありません。

Avatar
もっと表示する
もっと表示する
{{ pageNumber+1 }}
あなたの評価を残してください

お使いのブラウザは画像のアップロードをサポートしていません。現代のものを選んでください

No tags for this post.

1 COMMENT

アバター ブタF

スペンスの最後の相手がアンドレイ・ザムコボイです。ザムコボイの勝利です。そのザムコボイにラジャブ・ブタエフは勝っています。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)