永遠のライバルに恵まれたヒーロー/(ベビーフェイス・アサシン)マルコ・アントニオ・バレラ

シェアしてくださるとうれしい
RSS
Twitter
Visit Us
Follow Me

大橋秀行はリカルド・ロペスと戦ったから偉大なキャリアに箔がついた。
当時の川島なら勝機はあったかもしれない。

https://www.youtube.com/watch?v=Dinj7w57D_w

ボクシングの一時代を切り取っても、メキシコボクシング全体の歴史を語るにしても、マルコ・アントニオ・バレラは最高のファイターの一人だった。大事なのは彼がエキサイト満載の試合を続け、何よりファンに愛された事だ。

「ベビーフェイス・アサシン」と呼ばれたバレラは20年以上のプロキャリアでスーパーフライ級からスーパーライト級までの強豪と戦い、3階級制覇、4度世界王者に輝き、世界戦21勝4敗の記録を残して世界殿堂入りを果たした。

15歳でプロになったバレラは43連勝を記録、1995年ダニエル・ヒメネスに勝利しWBOスーパーバンタム級王座を獲得、8度の防衛に成功した。1996年、1997年に天敵のジュニア・ジョーンズに連敗した時、ハードな試合を繰り返してきたバレラはエリートファイターとして終わったとおもわれた。

しかしファンは間違っていた。バレラは過去のスラッガーとしてでなくテクニック溢れるボクサーとして再起を図り、偉大な勝利を記録した。同郷のもう一人の伝説、エリック・モラレスとの3部作での勝ち越しも含まれる。

バレラは、ナシーム・ハメドへの勝利をはじめ、ジョニー・タピア、ケビン・ケリー、ポーリー・アヤラなどのライバルに打ち克ってきたが、マニー・パッキャオに2度、ファン・マヌエル・マルケスに1度敗れた。2001年、無敗のスーパースター、ハメドに黒星をつけた試合は歴史的な金字塔だ。

バレラ
「間違いなく最高の試合だった。ハメドに対する勝利が最高の瞬間です。」

2011年、67勝44KO7敗の記録を残して引退したが、今でもボクシングに深くかかわっている。TVアステカのアナリスト、メキシコシティではジムを所有し、何人ものファイターを育成している。

ライバルについて

ベストジャブ エリック・モラレス

モラレスのジャブは最高だった。本当に痛かった。ジャブでパワーを感じることはあまりないが、彼のジャブは強烈だった。

ベストディフェンス ファン・マヌエル・マルケス

間違いない。彼はカウンターパンチャーだ。当たるとおもわせておいてカウンターを常に狙っている。タイミングを掴むのがとても難しかった。

ベストチン モラレス

ハードパンチを浴びせたが彼はなんともないようだった。

ベストパンチャー マニー・パッキャオ

速いだけでなく驚くようなパワーがこもっていた。

ハンドスピード パッキャオ

スピードとパワーにのったパンチが様々なアングルからコンビネーションで打ち込まれるんだ。

フットワーク パッキャオ

リングの隅々まで動き回り、相手を混乱させて、どこでパンチを打ち込めばいいのかよくわかっている。直線的ではなく様々な角度から攻めてくる。他のファイターとは一線を画している。

スマート ナシーム・ハメド

他のファイターとは全く違うアプローチをしてくる点で際立っていた。俺を挑発して心理戦を挑んできたり、出入りで翻弄したり・・・私をマインドゲームに誘って弄んでいた。

屈強 パッキャオ

パワーや強靭さだけでなくそれがすさまじいスピードにのってくるんだ。動きやパワーだけじゃなく常にスピードが加わってくるから彼は別格なんだ。

ベストボクサー ハメド

彼は何から何まで他のファイターとは違う。様々なアングルからパワフルなパンチが打てるし、総合的に強靭でソリッドなパンチャーだ。

総合 モラレス

モラレスが対戦相手の中では一番タフな男だった。どんなに打っても効いてないようなそぶりで常にプレッシャーをかけてきて、本当に、本当に、ハードなパンチを打ってくる。

むき出しの言語(拳)/Baby Face Assassin(童顔の暗殺者)マルコ・アントニオ・バレラ

バレラのことは以前書いたが、川島郭志と戦う可能性もあったのだ。
大橋秀行はリカルド・ロペスと戦ったから偉大なキャリアに箔がついた。
当時の川島なら勝機はあったかもしれない。

記事を読むと総合は圧倒的にパッキャオでしょと言えそうだが、同郷のライバルに賛辞を示している印象だ。
パッキャオの凄さが伝わる言葉の数々・・・
パッキャオはつまり、超絶パワフルなのに加え、エンジン、運動量が半端ないのだ。ひと時も休ませてくれない。

マルコ・アントニオ・バレラはフリオ・セサール・チャベスの再来のようなフルアクションの総合パッケージだった。チャベスを継ぐには小さく、注目度の低い軽量級だったが、そんなの言い訳にならないほどの人気、ライバルに恵まれて最高のキャリアを築いた。ファンが期待するどんな試合も逃げずにこなしたからだろう。

ボクシングはハングリースポーツであり、メキシコのレジェンドには貧困からのサクセスストーリーが多いが、バレラは金持ちのボンボンであり、プロボクサーと同時に弁護士になる気でいたインテリでもあった。

そんなインテリジェンスが、メキシコの伝統的な殴り合いに加味されていた。

超のつく本格的な世界王者だったが、遂に日本人は誰一人バレラに絡むことはなかった。

メキシコの伝統的ファイターを体現したような、巧くて強い、手本のような総合力のファイター、マルコ・アントニオ・バレラ。そんな男にも幾多の苦闘とそれを凌駕するほどのライバルたちがいた。素晴らしい時代のスターだった。

井上尚弥の進む道の参考になりそうでもある。

シェアしてくださるとうれしい
RSS
Twitter
Visit Us
Follow Me
{{ reviewsOverall }} / 5 ユーザー (0 投票)
Rating
みんなの意見 あなたの評価を残してください
順序:

最初にレビューを残してください。

User AvatarUser Avatar
確認
/ 5
{{{review.rating_comment | nl2br}}}

このレビューにはまだ返信がありません。

Avatar
もっと表示する
もっと表示する
{{ pageNumber+1 }}
あなたの評価を残してください

お使いのブラウザは画像のアップロードをサポートしていません。現代のものを選んでください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)